詰めが甘かったか

詰めが甘かったか・・・・北のお方・・・国に帰りたくないだろうなぁ。まぁクーデターでも起きる雰囲気なのかもしれません。彼の固い表情からもこのあたりの緊張が伝わってきます。国民も軍も限界でしょうか。今までなら、お膳立てがうまくできなかった部下をお仕置きすればよかったのでしょうが、今回は、なんだかそういうわけにはいかないのでしょうかね。あのレーザー照射事件もあそこに至ったプロセスはいろいろあったと記事を読みましたが・・・。何だか今回は大変なことになりそうな予感がします。彼も昔統一されたベトナムみたいな国にしたかったようですが、道のりは険しそうですね。話は変わりますが、インドとパキスタンも大変なことになりそうですな。国境が近いと色々ありますな。政治の主義主張が違う国だと、どうもうまくいきませんね。まぁ北のお国については見守ることにしましょう。我が国も、あの半島の南側とももうすこしうまくやれればいいのにな。あちら側の問題もあるような気もしますが、政治のギクシャク感と、文化、経済の流れ・・・ちょっと違いますな。それだけ政治って難しいのでしょうな。色々無責任なこと書きましたが、今日はここまで。

来年度の事業計画策定の追込み時期です。前の会社は、事業計画部門の人間が居て、中期計画に沿った年度の数字を事細かく作ってくれたのですが、今は経理部、事業推進部から基礎となる数字が来て、自分で組み上げなくてはならない・・・。結構骨の折れる仕事であります。この間にも、またまた接待だ、挨拶だ、で、時間がとられたりするもので。仕事はバランス良く来ないものであります。前にもAIとの絡みで、仕事についてちょっと書きましたが。よくまぁヒトの数だけ仕事があるものだ、と思ってしまいます。仕事してお金を儲けて、そのお金をモノやサービスと交換して・・・。仕事って、人間が考え出した最高に合理的で、人を成長させる絶好のモノ、そして最高に面倒なモノだと小生ほ思います。前に誰かが言ってましたが、「憂鬱でなければ、仕事でない。」まさにその通りだと思います。憂鬱だけど、ひとつずつ片付けていこおっと。

風邪と花粉が一気に来ました。今年は自信があったのになぁ、花粉症はやっぱり治らないのかねー。憂鬱であります。久々にMicro NIKKOR 60mm を持ち出しました。いい感じ。この間広角にハマったばかりですが、またボケの世界にハマりそうであります。あー鼻喉周りが憂鬱、今日は熱燗でも飲んで早めに寝よう。

リハビリ

システム開発の道に区切りをつけて、システム運用の道を歩き出したのですが、色々ありまして、どうもまた開発に携わる予感が・・・。開発と一言で言っても様々なフェーズ(工程)、役割りがありまして、過去、散々やってきたのは、営業支援やコンサルに近い超上流工程から、お客様と要件を詰める工程、そして設計・製造、テストの期間は一貫してプロジェクトのマネジメントであります。設計、プログラミングをバリバリやったのなんて20年も前のこと。という状態の中、予感がしている今度の開発というのは、思いきり詳細設計から製造、テスト工程に特化した部分でありまして、プロジェクト全体のコントロールというよりは、この工程に特化した、技術的な知識をベースに、より細かなマネジメントが必要になるのです。プログラムの構造設計なんかのアドバイスとか、処理の高速化とかね。というわけで、観念してリハビリを始めようかと・・・。いよいよMAC 派だ〜、とか言ってられなくなり、やむなくWindows 10 の勉強兼ねて、ThinkPad X220 Core i5の中古をポチってしましました。ポイントも貯まってたこともあり、結構お安くてビックリしましたね〜。で何をやるかって?JBossでもぶち込んで、Java でwebアプリでも作ってみるかな。小生のプログラミングは、ANSI C、HTML+CGI レベルで止まってるし・・・。リハビリの必要性をヒシヒシと感じている、58歳なのでした。

悲喜交々

人事異動の季節がやってきました。金融機関は直前まで内示が出ないようですが、一般の企業で、大きな組織改編を伴う場合は、この時期には、既に組織の形が決まっていて、部門長の内々示が出る頃です。そこかしこで引き継ぎが始まり、水面下に隠れていたトラブル物件などが明るみに出たりします。ガバナンスが効いていない会社は、特にこの傾向が出やすいですね。良くも悪しくも、人に依存する日本企業の色みたいなものですかね。最近の大企業は、この色が褪せてきましたが・・・。昇進、左遷、横異動、退職。悲喜交々であります。動く人、受け入れる人、全員にのしかかるのが、ストレスであります。このストレスが、なかなか大変なのですが、茹でガエルにならないためにも、会社の新陳代謝、成長には必要なエネルギーなのですね。ただでさえ気候の不安定な春先、体調を崩さないように、頑張りましょう。よっしゃ!週末!リフレッシュするぞ!

色々と変化が

今が一番寒い時期かな・・・。小生、冬生まれなもので、昔は寒いのは得意なほうだったのですが、最近は寒いのは苦手になりました。どちらかというと、今は、暑いほうが得意かな・・・。いや、これまた暑くなれば、また文句を言うのだろうけど。冬は夏に憧れ、夏は冬に憧れる。所謂、無い物強請りなのですが、齢を重ねると、身体の芯から、この言葉が絞り出されてくる気がします。年取ると、このように暑さ寒さに敏感で耐えられなくなるし、尖った物をちょっと踏んでも痛いし、バランスも崩しやすくなったし。そう、何しろ痛さに弱くなったな。色々と身体に変化が出てくるけど、うまく付き合っていこう・・・と思うのでありました。

おまえそりゃ流石にヤバイよ

不適切動画がどんどん拡散され、ニュースになってますね。コメンテーターの方から「昔からこういうことをする輩はいたんですけどねー、今の若者は、それをSNSに拡散させたらどうなるか?想像力が足りないんですよ。」という言葉をニュースで何度か聞きました。確かに昔は、イタズラする奴は沢山いました。昔、書きましたが、元気に咲いているひまわりを自転車に乗りながら、下敷きで次々と切っていくフラワーカットマン、ピンポンダッシュを繰り返す奴、神田川の金網に干してあった布団を落とした奴、爆竹や花火の火薬をバラし瓶に詰め込み、手のひらで爆発して手のひらをザックリ切ったり・・・悪い奴が確かにいたんです。小生も若い頃は色々やらかしてきました。今の時代だったら、「やらかさないか、拡散して大変なことになってたかな?・・・。」とちょっと思いましたが。いやいや、今のイタズラ?のレベルは、明らかに昔とは違うという結論に達しました。今、拡散して問題になっている動画は、皆、何かしら飲食に関わるもの。寿司ネタをゴミ箱に捨てる奴や、唐揚げの鶏肉を床に擦りつける奴!流石に食べ物をネタに、こんな酷いことをする奴は、昔はいませんでしたね。確かに食べ物を粗末にしたことはあります。どこまで腐るか見届けることなんかやりましたけどね。でもね、食べ物を汚し、それを売る!なんて愚かな犯罪は無かったですね。この今の時代の酷く低レベルのイタズラ?いや、事件!昔、私の周りではなかったと記憶しています。この現在、さらに酷いのは、相棒の情けなさ、ではないでしょうか。ビデオ撮ってる奴が、フツウ止めるでしょ。「おまえそりゃ流石にヤバイよ!」って・・・。テレビのコメンテーターさん、もっとましなコメントしなさいよ。あっちもこっちも・・・世も末でありますな。

また一歩

一夜明け、薄っすらと雪化粧の東京であります。朝、不忍池まで足をのばしました。今日は、買い替えた例のワイド端15mm 換算の広角持ち出しました・・・広角は構図どりが結構難しいけど、f8-f11くらいまで絞ると、パンフォーカスで全体のピントが合った気持ちいい絵が出てきます。ちょっと前まではボケにこだわってけど、何だか、そのあたりのこだわりがスッと無くなりました。歳をとったというか・・。いや、またひとつ写真の世界に踏み込んだかな?という気がしました。寒い朝でしたが、無心でシャッターを切った、楽しい半日でありました。