今年が終わります

大掃除も終わり、後は美味いもの食べて・・・ゆく年のカウントダウンをするだけ。個人的には、贅沢は言えませんが、今年は良いとしとは言えなかったな。来年は良い年でありますように。来年は、大きな災害とかないと良いですね。ゆったりと時間が流れてほしい。

仕事納め

今日、仕事を納めてきました。ようやく1年が終わりました。過ぎてみればあっという間なのですが、毎日を如何に乗り切るかの連続でありました。来年は年男であります。チューチューと忙しく走り回るのはやめたいものであります。ゆったりと50代最後・・・還暦までの時間を過ごしたいですな。

宇宙人

自分が新入社員の時も「最近の若者は何を考えているかわからない」などと言われましたが・・・今、その小生がそのまま同じことを呟いています。社内の何処をみても、「ポンコツか純粋培養」の2種類しかいない。「自分もそうだったのだ」と考えるようにしているのですが、それにしても最近は酷さに拍車が掛かっていますね。もはや彼らは宇宙人。会社が宇宙人に乗っ取られるのでは、という危機感を覚えます。そうインベーダーです。新入社員ならぬ侵入社員。こんな彼らも育てていかなければ、未来は無いのでしょうか・・・。毎日がオージンジであります。(いや、人事も既に乗っ取られていて、人事もオージンジであります。)さて、どうしたものか・・・ウルトラマンでも呼びますか。

同期の命日

今日は、大学の同期の命日でした。同期が集まり、献杯しました。亡くなって早いものでもう7年が経ちます。あいつだけ老わず。周りは皆、齢を重ねました。もうちょいがんばるかな。まだ当分こっちで頑張るから、待ってろよ。

ミルクボーイ

今朝、M1グランプリのニュースを見ました。ミルクボーイという漫才コンビが優勝しました。朝のニュースでは珍しく優勝した時のネタをノーカットで全部放映していたんですよ。はじめて見たコンビですが、これが面白い。「オカンが物忘れするモノ(モナカかモナカじゃないか)」を延々とボケとツッコミで繰り返していくのですが、朝から大爆笑。久々に腹を抱えました。二人とも苦労人のようですが、ブレイクすると良いですね。正月の番組に出てこないかなぁ。また是非見てみたい漫才です。

Instagram

娘が勝手に小生をインスタに登録してしまいました。使い方もわからず、今まで無縁だったのですが・・・。ちょっと貼ってみたのですが、皆さんから貼った絵を「いいね」と言っていただけると、やはり嬉しい気持ちになります。もうちょっとインスタの解像度が高いと貼り甲斐があるのですが・・・。4Kを超える実際の解像度で貼るのは、やはり難しいのですかね。本来の写真の迫力、良さも感じられるメジャーなサイトが出てくると良いのですけどね〜。

マラソン

札幌オリンピック、いや失礼。東京オリンピックの札幌のマラソンコースが決りましたね。変則的に?市内を3周するコースだそうですね。ほとんど坂の無いフラットなコースで、記録が期待できるとも言われているようです。何だかツマラナイなぁ。素人の小生からしてみれば、箱根の権太坂とか起伏の激しいコースのほうが、ドラマが生まれるようで、見ていて楽しいのに。3周ぐるぐると走るのは、やはり警備のし易さとかあるのですかね。だったら日陰のある新国立競技場の中でやればいいのに・・・。42.195キロだから、42,195メートル? で、トラック1周400メートルだから、106周?くらい走ればいいのかな?なんてね。ぐるぐる回ってバターになっちゃうな。話しは変わりますが、サラリーマンのマラソンも過酷であります。60才がサラリーマン人生のゴールだと思って走っていたら、30キロ地点あたりで、いきなりゴールが先に延びた感じ。42,195キロが50キロマラソンに変わったのであります。そして今や人生100年時代?70才まで働けという方向に変わってきています。もはや60キロマラソンであります。マラソン選手の身体も大事だけど、サラリーマンの身体も労ってちょうだいよ。年金もらう前に、逝ってしまいます。悠々自適な老後は何処に・・。

赤か青か

クリスマスは赤と緑・・・でしょうが。今、合衆国では再び赤か青か、のせめぎ合いとなっています。トランプ大統領の弾劾訴追、下院で民主党が賛成多数で可決されました。まぁ捻れ国会となっていますんでね、上院では共和党が過半数を占めているので、トランプさんは「弾劾されているような気がしない」との強気の発言であります。スマートなアメリカのイメージといえば、民主党、泥臭いアメリカのイメージは共和党。自国を犠牲にしてでも?「世界のために」のカッチョイイ路線(失礼)が青、自国第一主義「冗談じゃねいぜ!おらの生活を楽にせんかい!!」が赤、といったところでしょうか。かなり前になりますけど、トランプ大統領の誕生をちょっぴり予言した小生ですが・・・次の2020年11月3日の大統領戦がまた目が離せません。さて、こちらの絵はサン・ピエトロ広場、どんよりと雲が垂れ込めて、好きなトーンの一枚であります。ローマ法王のコンクラーヴェならぬ、合衆国の行方は如何に!!え?小生の予想ですか?小生は前回と変わらずトランプ続投と読んでいます。でもなぁ、世の中自国第一主義はいかんぜよ。地球はひとつ〜みんなの地球〜♫だと思います。

ピエタ

あと1週間でクリスマス。何か良い絵は無いかと探していたら、ヴァチカン市国のサン・ピエトロ寺院で撮ったピエタ像が出てきました。小生は無宗教、無神論者?なのですが、この像を見た時には絶句し、固まりました。ミケランジェロが彫った大理石の彫刻。石で出来ているとは思えない滑らかで見事な曲線。何かにおされて掘り続けた・・・としか思えない彫刻でありました。小生もこの歳で、色々なものにぶつかりまして、縁起モノとかの不謹慎な気持ちや、縋りたいという気持ちでは無かったのですが、何と無く純粋にこの絵に引き込まれまして、印刷し額装したものを寝室の壁に飾っています。別に毎日手を合わせているわけでも無いのですが・・・浄化されるような気持ちではあります。ちなみにピエタとは、「慈悲、慈しみ」という意味だそうで、この像は、十字架から降ろされたイエスを聖母マリアが抱き抱えている姿です。節操の無い日本人の小生ですが、この時期になると、やはり賛美歌を口ずさみたくなるものであります。調子いいなぁ。aman