ホーキング博士は亡くなる前に言いました。あと100年で人類は滅亡する。ホントかいな?と思ってしまうのですが、あのホーキング博士が言うのだから、それなりの根拠があるのでしょうけど。彼はAIに脅威を抱いていたようで、人類がAIに滅ぼされると言ったのだそうです。これはなんだかわかる気がするな。また博士は、他の星に移住しろとも言ったようですな。テレビでもやってましたが、本気で火星への移住計画が検討されているみたいですね。まぁ小生はあと20〜30年の命でありますので、あまり関係ないような気もしますが。孫子の代が大変ですね。しかし宇宙とか人の生死とか考えると、この歳になってもさっぱりわからないものであります。宇宙はビッグバンに始まり、膨張し続けている。地球上の砂つぶの数より星の数のほうが多いとか・・・。想像がつきませんな。何だか今生きている世の中が仮想現実の世界に思えてくる。もしかすると輪廻転生は、宇宙規模で行われているのかも。亡くなると魂は宇宙に飛んでいき、宇宙の果ての別の世界でまた産声を上げる・・・。なんてね。生物同士が干渉し合わないように、神さまが上手く考えてくれていて、何百光年も離れたところに別世界がある。まぁ今日の結論は、この人生は、修行の仮想現実の世界ということにしておこう。あー鼻がつまるなぁ。きっと花粉症も修行のひとつだな。

踵痛になってしまいました。踵の後ろが痛いのです。ちょっと飛んだり跳ねたりしたからかな?つま先立ちはできるので、アキレス腱は大丈夫だと思うのですが、ちょっと嫌な痛みであります。歳をとると、ちょっとしたことでも痛くて、嫌になりますな。素足でちょっとした突起物を踏んでしまっても痛い。皮膚に弾力が無くなるので、そう感じるのでしょうかね。この間、暇つぶしにYouTubeでジャッキー・チェンの映画を見ましたが、どのアクション見ても痛そう。素直映画ににのめり込めない自分が居たのでした。しかし踵、痛いなぁ。治るのも遅いんだろうな。仕方ない、しばらくはピョコピョコ歩くとしますか。

あれから8年

東日本大震災。あれから8年だそうで、早いようで、一方まだ8年か。という微妙な感覚であります。最近またニュースでスポットを浴びているので、自然と関心が高まります。中でも特にクローズアップされるのが、やはり津波と原発ですね。先日NHKで放送していましたが、津波の成分について掘り下げていました。あの津波、単なる海水ではなく、ドス黒いヘドロが混ざった海水であったと。沿岸に蓄積されたヘドロが津波のパワーで掘り起こされ、重金属やオイルなどが混ざった海水となって押し寄せてきたのだそうです。単なる海水のそれよりも重く、想定を遥かに超えるエネルギーで全てを飲み込んでいったのだそうです。恐ろしい現実であります。一方原発ですが、核燃料のデブリ(残骸)が圧力容器を突き破り、圧力隔壁の底に落ちてしまっている状況のようですね。このデブリを冷やすため、8年経った今でも、一日150トンもの水で冷却しているとのこと。冷却に使った汚染水は述べ100万トンを超え、汚染水の置き場も今年で一杯になってしまうようです。この先廃炉に向け作業していくのですが、ようやく先端が割りばしのようなロボットで、一部のデブリを掴めたというところが現実。2050年の廃炉完了への道のりは相当厳しそうです。このままチェルノブイリのように石棺に閉じ込めるのも根本解決にはならず、なかなか難しいようですね。仮に今冷却を止めると、デブリの中心は1000度にも達するそうで、そうなるとまた放射性物質のセシウムなどのガスが放出されることになり、大参事となるようです。8年前の原発事故が発生した時、これは大変なことになったと思いましたが、今8年経ってもこの状態が続いているというニュースに触れ、愕然としています。当時のニュースは、当初メルトダウン(炉心溶融)にも触れず、冷却水の回収の話題にも触れず・・・いい加減な報道でありましたが、8年間掛けて、徐々に様々な現実に触れるようになってきたような気がします。いや大変な事態すぎて、未だに臭いものに蓋をしている・・・触れたくない・・・そんな風潮があるような気がします。核燃料のデブリは、実は、圧力隔壁も突き抜け、岩盤まで到達している可能性もあるのではないか・・・と、小生は思っています。海に放射性物質が流れ出しているのか、測ればよいのでしょうが、怖くて測定できない・・・のかもしれませんね。あーそうか、廃炉まであと30年以上か・・・。あの世に行ってますなきっと。廃炉完了は見とどけることはできなさそうだな。

ここに書くまでもない事ですが、ゴーンさんなんであんなに中途半端な変装して出てきたのでしょうか?まるでミスタービーンです。あの作戦を誰が計画したのでしょうか?本当にメディアを騙せると思ったのですかね?本人も納得したんでしょうけど、幼稚にもほどがある。ダークスーツに白のカッターシャツで堂々と出てきた方が、良かったのにな。どうせやるなら、MIのイーサン・ハントばりに、変装用のマスクとメイクで別人になりきるとか。北のお方か、トランプさんで出てきたら盛り上がったかも。やっぱり手っ取り早いのは、目玉をまんまるに大きくして、ミスタービーンで登場するか、逆に目を細くして、かちかちのズラをかぶって、ミスタースポックで出てくるか。もっと手っ取り早いのは、ふなっしーやねばーる君、くまモンあたりのご当地キャラかぶってで出てくるとか。ウルトラマンでもセブンでも、父でも、母でもタロウでも、マグマ大使でも、ゴアでも、ジャイアントロボでも、仮面ライダーシリーズでも、ショッカーの戦闘員でも、戦隊モノでも、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ガメラ、ギャオスに、セーラームーンにコナン君、ゲゲゲのキタロウに、ねずみ男、父さん、砂かけババアに、子泣きジジイ、マリオにルイージ、ミッキーにミニー、ドナルド、プルート、アナ雪、パレードの木とか、葉っぱなんかの、その他大勢まで、皆んなで出てきて、別々の車に乗って、違う方向に行けば、ちょっとはごまかせたのでは?しかしあの格好、ゴーンさんの株、ダダ下がりですな。あほくさ、今日はこれくらいにしといてやりましょう。

近未来

スマホの顔認証、便利ですが、この季節はマスクを着ける機会も多く、認識してくれません。世の中の防犯カメラなども、そんなものなのですかね。いや、最近は歩き方で本人かどうか特定したり、犯罪を犯しそうな人の微妙な身体の振動を検知して警告を発するシステムもあるようで、格段に進化してるんですよねきっと。そのうちこのような防犯システムを欺くロボットが出てきたりして。最早、近未来のSF映画のよう。まさにターミネーターの世界ですな。自我を持ったAIコンピュータ「スカイネット」、人と見分けがつかないT-800ロボット、などなど。そろそろ登場しても良い時代になってきましたね。量子コンピュータが完成したら、一気にこの世界になるだろうなぁ。高速で処理するAIコンピュータが学習し続け、出した答えは・・・自分を止めようとする「人間」が敵となる。すごいストーリーであります。シュワルツェネッガーが演じた、このT-800。実は犬の嗅覚で嗅ぎ分けられてしまうのですが、現実も最後はアナログが勝つのかな?あーそういえば、T-800、果たして五ヱ門の斬鉄剣で切れるのか・・・。白鞘におさめられたあの直刀で、試し斬りしてほしいものであります。なんのこっちゃ。

詰めが甘かったか

詰めが甘かったか・・・・北のお方・・・国に帰りたくないだろうなぁ。まぁクーデターでも起きる雰囲気なのかもしれません。彼の固い表情からもこのあたりの緊張が伝わってきます。国民も軍も限界でしょうか。今までなら、お膳立てがうまくできなかった部下をお仕置きすればよかったのでしょうが、今回は、なんだかそういうわけにはいかないのでしょうかね。あのレーザー照射事件もあそこに至ったプロセスはいろいろあったと記事を読みましたが・・・。何だか今回は大変なことになりそうな予感がします。彼も昔統一されたベトナムみたいな国にしたかったようですが、道のりは険しそうですね。話は変わりますが、インドとパキスタンも大変なことになりそうですな。国境が近いと色々ありますな。政治の主義主張が違う国だと、どうもうまくいきませんね。まぁ北のお国については見守ることにしましょう。我が国も、あの半島の南側とももうすこしうまくやれればいいのにな。あちら側の問題もあるような気もしますが、政治のギクシャク感と、文化、経済の流れ・・・ちょっと違いますな。それだけ政治って難しいのでしょうな。色々無責任なこと書きましたが、今日はここまで。