趣味の世界を楽しみましょうよ

ニコンの今年度3月期連結業績の下方修正が発表されました。前回予想よりも売上高、営業利益とも下振れとのことです。デジタルカメラと産業機器の市場減速が影響したことと、構造改革の特別損失費用が原因ということです。今やデジタルカメラの領域は、コンパクトデジカメは完全にスマホに取って代わり、重い一眼レフを持つ人も減ってきたということでしょうか。実はこの一眼レフの領域もミラーレス機に侵食されつつあり、近い将来・・・一眼レフはごく一部の機種になってしまうかもしれません。実はオリンピックの世界もカメラのロボット化が進んでいまして・・・。短距離の陸上のゴール付近には、無機質に一眼レフが並び、そこにはカメラマンの姿はありません。この他にもトラックをランナーと共に並走するカメラや、水泳の水中を撮るカメラなどがありますが、ご存知の方も多いと思います。早ければ2020年の東京オリンピックの時には、一眼レフでは無く、ミラーレスになり、殆どがロボット化されているかもしれませんね。もう少し突っ込んで予想すると、「その一瞬をシャッターで切り取る」ということ自体無くなるかもしれません。実は今のカメラでも、動画から写真を切り出す機能が既に付いているんですよ・・・。さて冒頭の話題に戻りますが、このニコンの下方修正のニュースで、生き残りは、キヤノンだ、ソニーだ、パナソニックだと、一部の一眼レフファンは、ネットで盛り上がっています。銀塩写真が殆ど消えてしまったのと同じように・・・全てが次の時代の波に飲み込まれることを見てみぬふりして。飲み込まれるのが何年先になるのかわかりませんけどね・・・。でも今も一部の愛好家が銀塩写真を楽しんでいるのと同じように、全く無くなるわけではないと思いますしね。全て動画から一枚を切り取るようになっては、全く味気ないしメリハリもない(侘び寂びなし)。釣りの世界も同じだと思います。釣竿が一本も無くなって、全て網に変わるなんてことはないし・・・。プロ(漁師さん)は網で獲ればいい。愛好家は竿で釣ればいいのだと思います。竿や糸、針のメーカー、選択肢は多いほど楽しい。カメラの世界も同じだと思います。同じ趣味なのに、カメラの世界はどうして自分の好みでない他メーカーを悪く言う人が多いのだろう・・・。心が小さい人が居て、何だか残念であります。

投稿者:

KUMA581

東京出身、神奈川在住、O型、動物好き。- The amazing moments - その一瞬を切り取り、発信します。 I will capture each amazing moments and put out on the Net what I was experiencing in these situations.

コメントを残す