秀木さんありがとうございました

HID_3402_00005

今日は従兄弟の秀木さんが父の見舞いに来てくれました。秀木さんは、小生が2月24日(日本の誇り)の投稿で触れた「戦闘機乗り小林一木准尉」の息子さんです。現在、秀木さんは、先の大戦(昭和16年〜20年)で生き延びた叔父小林一木准尉の年表を作成しているところなんだそうです。まだところどころ時間軸が曖昧なのだそうですが、少し聞きかじっただけでも、その内容は想像を絶していました。このページでも何時か紹介したいと思いますが、叔父さんの生き様は本を書けるくらい濃い内容でした(何時か秀木さんに本を書いてほしいなぁ・・・)。初めて知ったこと・・・自分の叔父さんが特攻隊に任命され出撃していったことや、高度1万メートルのB29との戦いの壮絶な世界(寒さ対策の電熱服や偏西風の影響などなど)、東京空襲で真っ暗闇で何も見えない中での出撃、不時着の話しや、硫黄島に派遣され僅か6機だけしか辿り着いたことなどなど・・・驚くころばかり・・・。間違いない。やはり叔父さんはヒーローでした。秀木さん、今日はありがとうございました。またタイミングを見て、小林一木准尉のご紹介をさせて頂きたいと思います。

投稿者:

KUMA581

東京出身、神奈川在住、O型、動物好き。- The amazing moments - その一瞬を切り取り、発信します。 I will capture each amazing moments and put out on the Net what I was experiencing in these situations.

コメントを残す