歴代2位

HID_1687

小生、神奈川県は大和市に住んでおりまして、田園都市線を使い、東京タワー近辺の会社まで通っています。Googleで距離を調べてみると会社まで直線で約30km、道なりに行くと恐らく45kmはくだらない距離だと思います。今日は昨晩からのドカ雪で首都圏の各鉄道は大幅にダイヤが乱れましたね。ダイヤの乱れを覚悟して家を朝6時15分に出ました。足元を轍に取られながらもようやく地元の駅へ・・・。ホームに降りるとこの時間で既に人が並んでおり、アナウンスを聞かずともダイヤが乱れていることが直ぐにわかりました。暫くすると「各駅停車のみの運行」とのアナウンスがありました。いつもならガラガラの車両がくる時間帯ですが、ようやく滑り込んできた電車はガラス窓がしっかり曇るほどの混みよう。諦めて乗り込み、そしてできるだけ中のほうへと移動しました。電車は想像を超えたノロノロ運転で出発しました。いつかスピードを上げると信じていましたが・・・どこまで行ってもノロノロ運転。今日は東急線は通常の6割の本数で運転したということを後で知りました。(途中の駅は改札に入れなかった人も大勢いたらしいですね。)「それにしてもノロい・・・」。こうなると各車両では、様々なドラマが展開されはじめます。独り言なのか、誰かに訴えているのか・・・どこかで中年の女性が「もっと奥に詰められないのかしらねぇ」と大きな声で駅に着く度に連発してます。すると小生の前に座っていたおじさんが、具合悪そうに「すみません降りたいのですが、座ってください」と、小生にすがりついてきました。一瞬ギョッとしましたが、わざわざ「座ってください」とは、随分親切な方だなと思いありがたく座らせて頂こうと・・・ん?一瞬おじさんと抱き合う形になり・・・身体を捻るようにして崩れ込むように座りました。何しろ人が余分に立てるスペースは全く無く、要するに、自分が降りるのに、立ちたいから代わりに座れということだったみたいです。こうして遠慮なく乗車後40分経過したあたりで座らせて頂いたのですが・・・。目の前に立ったおじさんがまた息が荒く、小生に覆いかぶさったまま、数時間。この体勢も相当キツかったです・・・。そのうち「6号車でお客さまの迷惑行為がありました。」のアナウンス。「6号車?」ドアのあたりの数字を人の間から見てみると、もろにその6号車に乗っていたのです、『どこで何があった?』アンテナを張り巡らせましたが、わかりません。皆んな辛そうな迷惑そうな顔してるので・・・まぁどうでも良いかと・・・。そのうちに短気な方が、「降りるっていってんだろ!!」「降ろしてやれよ!!」「すみませーん、降りまーす!!」なんてそこらじゅうで大騒ぎ。これらの強烈なドラマを経て、ようやく会社に着いたのは、なんと家を出てから4時間20分後の10時35分でした。すごい記録ですが、実はこの記録、残念ながら歴代2位の記録なんです。通勤時間の最長記録は、やはり東日本大震災の日。この時は大地震直後に会社の目の前の自転車屋さんで自転車を購入。人ごみの中、東京タワー近辺から、自転車で帰宅、この時の記録が5時間30分でした。勿論、疲れ方は、あの時のほうが勝ってはいますが・・・。何れにしても嬉しくない記録です。会社には時間通り行くのが一番です。あー疲れた。^^;

投稿者:

KUMA581

東京出身、神奈川在住、O型、動物好き。- The amazing moments - その一瞬を切り取り、発信します。 I will capture each amazing moments and put out on the Net what I was experiencing in these situations.

コメントを残す