2.15オートクルージング

2.15オートクルージング

2016/8/8

あーここまで来てしまった。^^

pivot社のスロットコントロール付きのオートクルーズを付けました。早速首都高、東名を走りましたが、使い勝手もよく満足でした。これで何処までも行けるかな!?

HID_4488_00002

こちらワイパーの先端に付けたオートクルーズのリモートスイッチ。※因みに脱線しますが・・・ホーンの部分とステアリングのベースとなる部分を「染めQ」という塗料で、モスグリーンで塗ってみました(地味〜^^)。ちょっと映ってますかね。結構綺麗に塗れましたヨ。

HID_4487_00001

そしてこちらがスロットルコントローラ。ノーマル、レスポンスモード、スポーツモードが選べます。スロットルの開き具合が%で可視化できて結構新鮮です。

さて家内、娘が心配する「安全性」ですが・・・製品故障や配線不良などがあった場合、自動的にノーマルモードに切り替わるシステムが搭載されていますので、「勝手に加速することもない」というお墨付きの製品です。通常の動きですが、ブレーキスイッチが何よりも優先して動く(通常の運転に戻る)仕組みのようで、またブレーキ系の配線に異常があるとオートクルーズにはならないということ、このあたりの配慮はきちんとなされているようです。※でないと困りますもんね・・・

さて今回の配線作業ですが・・・車種ごとに専用のスロットル(アクセル)ハーネスやブレーキハーネスが別売で用意されておりまして、車速信号とリバース信号さえ間違わなければ簡単に取り付けることができました。リモートスイッチをワイパーの先に付けたので、当然ステアリングまわりは全部外して、車速信号を取るのにナビまわりも外して・・・見た目大げさな配線作業(また家内にギョッとされた)でしたが、今までの機器の中では一番簡単な作業でした。ハーネスが用意されていると、やはり安心だし便利ですね。