2.10サスペンション交換

2.10サスペンション交換  2016/5/21〜22 バネとの格闘!!

ついにへたったサスを交換することにしました。ここに手を出すべきか相当迷いましたが・・・。少しのギャップで「グワングワン」と揺れがおさまらない現状に我慢ができず手を出しました。

このサス・・・カヤバのLOWFER SPORTSサスペンション

th_HID_3358

「乗り心地を犠牲にしない機能重視のローダウン専用ショックアブソーバーとサスペンションキット」という謳い文句に惹かれて・・・ポチッとしてしまいました。

ダウン量はフロント-30mm、リア-25mmとのことですが、そもそもへたっている現状からここまで落ないような気もしますが・・・。

その1 初日はリアから

th_HID_3361

どのサイト見てもリアのほうが簡単とのこと、諸々作業に慣れるために簡単と言われるリアからチャレンジ!!後部座席のショックが見えるカバーを外して、早速ボルトを緩めるところからスタート!!朝5時から準備を終えて只今5時30分。朝日が眩しい!!

th_HID_3359

わかりづらいですが、ABSのラインは切ったら大変!!こちらを外しておきます。

そして双方のショックを抜いて、リジットを下げきるとコイルスプリングを手で取り出すことができるとどこかのホームページに書いてあったのですが・・・じぇじぇ!!スプリングが取れない(そこまで下がり切らないよ)。

th_HID_3362

車の下に潜り込み、スプリングコンプレッサーでスプリングとの戦いが始まりました。因みに今回の作業でインパクトレンチは使いませんでした(予算も無いし朝早くしか作業できないので・・・)。ということで長さ60cmの巨大ラチェットレンチと小型のラチェット、そしてトルクレンチのみで頑張りました。結局朝だけで終わるはずがなく・・・この二日間で18時間作業しました。ガリリリ、ガリリリ・・・二日間でトータル数千回はレンチを使ったかな(身体ボロボロです)。でようやく取れたリアのスプリングがこの写真。

th_HID_3363

こちらイビツながら、ようやく一本入りました。

th_HID_3365

片方のショックまで組み上げたところで、吐き気と頭痛に見舞われ・・・作業中断。2時間ほど横になりました。# 熱中症か?昨晩の飲み過ぎが原因か?

th_HID_3364

気をとりなおして、ようやくリアが組み上がったのが初日の午後2時。今日はここで断念・・・インパクトレンチ買うんだったなぁ。写真撮り忘れたけどリアは-20mmのダウン。やはりあまり下がりませんでしたね。

その2 翌日はフロントサス

またまた朝5時起床!!いよいよフロント、昨日の作業で手がパンパンですが頑張ります。

th_HID_3371

フロントは準備が大変!!ノアは、フロントのストラットのアッパーマウントが奥のほうにあり、ワイパーからフロントの雨樋のカバーなど全て外さないと作業できません。ワイパーモーターまで外して、ここまでで1時間も掛かりました。

th_HID_3369th_HID_3368

こんな感じで全て外すとようやくアッパーマウントが見えました。

th_HID_3372

二日目もラチェットレンチの音が、ガリリリ、ガリリリ・・・と地味に鳴り響き・・・ようやく取れた。フロントサス。

th_HID_3373

サスが全部取れるとこんな感じです。フロントはデフが外れると相当厄介らしいので、ジャッキで下から支えて・・・外したあとのブレーキロータまわりは触らない触らない・・・。# ここで地震が来たらアウト〜かな?。

th_HID_3374

こちら何とか組み上げた姿。しかーし。ダストブーツの位置が合わず、左右とも2回も組み上げ直しました(涙)。フロントはめちゃくちゃデリケートで、ブーツの位置が悪かったり、アッパーマウントのネジ位置が違ったりするだけで、ステアリングを切ったときに「ゴリゴリ」と異音が出てしまう・・・。と書いてあったのですが、やってしまった。やっとできたと思ったら「ゴリゴリ・・・」そして組み直し・・・。スプリングコンプレッサー4本をフル活用して何とか治りましたが、この時すでに午後4時も回っており、本当に手が取れそうでした。

スプリングって、片方縮めると、片方は伸びてめちゃくちゃ扱いにくい。スプリングを縮めるのに、他のコンプレッサーをかぶせるようにしたり、やっと縮めたとおもったら、反対側のコンプレッサーのナットにレンチが入らなかったり・・・。今度はレンチが取れなくなったり・・・。縮めたり伸ばしたり、悪戦苦闘を繰り返して外したり、組み上げたりするのです。ようやく組みあがった!!とおもったら、「ガッキーん!!」すごい音と共に最後のコンプレッサーが外れて歪んでついちゃったり。本当に大変でした。今回の作業でスプリングとの格闘が9割!!家内は恐る恐る何度か見に来ていましたが、来るたびに「さっきから同じことしてる」「昨日から同じことしてる」と呆れ顔でした・・・。とほほ・・・。そして午後6時もまわったところで、ようやく作業完了。

th_HID_3366th_HID_3375

こちらフロント。-25mm下がりました!! フロントまわりは、なーんと13時間掛けて完成!!

※ 因みに各ナット類は、ネットで調べた適正トルクを意識してトルクレンチでカチッと閉めましたので、問題無いと思います。また数百キロ走ったらチェックします!!

乗った感触は、「車高が下がった感じで、例のグワングワンは無くなりました。」カチカチとした足回りになりいい感じです!!ステアリング切った時も無音で快適!!(満足)

苦労した甲斐がありました!! 身体中が熱持ってる!!ちょー痛いっす!!

2016/6/4 ボルトの緩みチェック、シャーシブラック塗布

サスを換えてから半月ほど経ちました。これだけ足回りを大幅に手を入れると、やはり心配。というわけで、またまた諸々外してボルトの緩みの確認をしました。ついでにペイントもしつつ、またまた半日掛かりの作業でした。

HID_3393_00006

全てカッチリと締まっていました。よかったです^^。トルクレンチを使って二度、三度と締めると、設定トルクよりも締まっていくんですね。それに気がつきましたが・・・足回りを一度緩めて締め直す勇気は無く。若干ですが、結果的に増し締めした感じになりました。今回チェックして一箇所だけ気になったところがありましたね。左後ろのコイルスプリングのハマり方です・・・。若干中心から後方にずれてハマっていました。中心部にはコイルが外れないようにシャーシに大きな出っ張りがあるので、外れることはないと思いますが、ちょっと気になりましたね。まぁ車検の整備の時にでも見てもらおうかな。

そしてジャッキアップついでに、ホームセンターで買ってきたシャーシブラック(二缶)を下回りに塗布しました。ケレン(サビ落とし)するまでの手間は掛けられなかったのですが、ケルヒャーでドバーッと高圧洗浄してから塗りました。どこまで塗ったらいいのかよくわかりませんでしたが、元々黒かった部分を中心に塗っておきました。

これで足回り、下回りの若返りは、ひとまず完了(梅雨前に完了してよかった!!)。実は・・・後輪のドラムブレーキが手付かずで残っていますが、流石にドラムブレーキに手を出す気にはなれません。サイドブレーキの緩みもそんなに気にならないし、ドラムブレーキを分解してもエアーでブレーキパットのカスを飛ばすだけ!?ノギスも無いし、色々いじってブレーキ引き摺ったら嫌だし、ここは車検の時にでもプロにお任せするとします。

2016/6/11

左手後ろのコイルスプリングの位置を少し前方にずらしました。見た目問題なし。翌12日に時速80キロの定速で走りましたが、安定していて問題なし。もう少し様子を見ながら・・・大人しく走ることにします(もともと普段からあまり飛ばさないんですけどね)。

2016/8/8

左後ろのコイルスプリング・・・別に不具合はないのですが、どうしても気持ちがわるく、再度やり直しました。久々のスプリングコンプレッサー、キツかったですが、やり直して気持ち的にスッキリしました。これで足回りはOKです!!