秋の実が・・・紅葉もすぐそこまで


th_HID_8628

今日は昼にインスタントの台湾ラーメンを食べました。名古屋に長期出張に行っていた時、台湾に旅行に行った時、の思い出が蘇りました。脂っこくないけど、やたら辛い!!家内曰く、辛さが足りないと言っておりましたが、小生にはこの程度で十分。身体中をカプサイシンが駆け巡り、大汗をかきながらスープまで完食しました。インスタントとはいえ、旨かったです。^^; さて、暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、湿度はグッと下がってきましたね。気温はまだ高めですが、湿気のないカラッとした空気と蝉の声が聞こえなくなったことが、秋本番を感じさせます。家のハナミズキも赤い実を付け葉もハラハラと落ち始めました。来週末位からまた少し気温が下がるようです。中央アルプスの千畳敷カールは既に紅葉しているとの知らせが・・・紅葉撮り、今からワクワクしますね。10月に入り平日も休日もバタバタですが、あまり余計なことは考えずに、前向きに一気に、前向きに、乗り切って行くこととしましょう。

一眼レフの魅力


th_HID_8639

携帯電話にカメラが内臓さるようになり、今や1200万画素の写真が手軽に撮れる時代になりました。自撮り(セルフィー)も盛んで、自撮り用のサブレンズの品質向上にも各社力を入れているようです。時折新聞見開き全体に掲載されるiphoneの写真や高速道路から見える大きな看板にも携帯で撮影された写真が掲げられるようになりました。1200万画素のレベルは数年前のデジタル一眼レフ(D300Sなど)の画素数と同じ、いやはや凄い時代になりました。コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)を最近見かけなくなったのが理解できます。さてこのような時代に何故?重い一眼レフを持ち歩くのか・・・小生の中には答えが出ています。大きな理由が幾つかありますので一部をご紹介しておきたいと思います。何といっても大きな差がでるのがレンズです。画像処理技術は相当近づいてきましたが、物理的に大きなレンズを携帯に付けるわけにはいかないと思いますので、レンズの性能だけはなかなか追いつくことができないでしょう。携帯は物理的に小さなレンズに動的な絞りを作ることもできないので、全てにピントが合う被写体深度の深い「パンフォーカス」となってしまいます。よく見かける手前の人物と遠くの山並みが全てピントが合うような写真がそれです。一眼レフ(最近ではミラーレスも頑張っていますが・・・)は、このあたりの表現が得意で、絞りを開放に近づけることで、被写体深度を浅くして、前ボケ後ボケを絡めることで、撮りたい被写体を浮き上がらせることができます。つまり写真を記念だけのものでは無く、作品とすることができるのが大きな魅力なんです。重い一眼レフを持ち歩いている大きな理由はそこかな??その他にもメモリに書き込むスピード、メモリバッファの大きさ、光学望遠レンズの品揃え、レリーズタイムラグの短さ、連写スピード、正確なピント合わせ、などなど、他の理由も沢山あります。技術の進歩と共にモノが小さくなり、形も変わっていくのでしょうが、小生はやはり当面一眼レフを持ち歩こうと考えています(携帯のカメラもお手軽で好きですが・・・)。トロトロのボケと立体感のある写真、たまらないなぁ。ねぇ小春ちゃん。

二日酔い


th_HID_8610

10月が始まりましたね。昨日は初日から沢山飲んでしまい絶不調の一日でした。さてプロ野球は最終局面、ヤクルトはM1の状態、まだ11回表で同点みてたいですね。優勝するのかな?優勝すれば14年ぶりだそうです。そして5月は1位だった横浜ベイスターズ、中畑監督が辞任を表明しましたね。中畑監督は存在感あったので残念に思います。そしてそして、イチローもまた頑張りましたね、2935安打達成、歴代33位のバリー・ボンズに並んだそうです。かと思えば西武の秋山選手がイチロが持つシーズン216安打の日本プロ野球記録を破り、賑やかなニュースが続いています。どの球団、選手もガンバレと・・・二日酔いに疲れたオジさんはつぶやくのでした。

2兆円越え!?


th_HID_8605

ニュースとしては少し新鮮味が薄れてきましたが、VWの排ガス不正問題・・・。排ガス規制をくぐり抜ける不正ソフトウエアを搭載した車は実に1100万台に及ぶということらしいです。制裁金は何と2兆円を超えるとも言われています。これは2015年3月期のトヨタの純利益に匹敵する額です。こりゃ確かにVWが潰れてもおかしくないですね。この話題となっている車種、個人輸入を除き??日本では対象車が無いとか・・・。もともと日本はディーゼルの人気がいま一つだったのですかね。何年か前に高級ドイツ車のディーゼル車の試乗をした後輩が居ましたが、感想は一言「うーん。ディーゼルでしたね」でおしまい。クリーンというキャッチフレーズだろうが、日本人はディーゼルはディーゼルでまとめてしまう感覚があるのでしょうか。マツダはクリーンディーゼルに社運を掛けているようですが、今回の一件があり「不正はやっていない」と言い切っています。日本人は真面目ですから・・・これは間違いないでしょう!小生も過去ディーゼルのワンボックス車に乗っていたことがあります。黒煙こそ吐きませんでしたが「ガラガラ・・・」と、やはり常に粉塵(PM2.5??)に塗れていた感じでした。石原元都知事が机上で黒粉を撒き散らしたのは有名ですが、そうか・・・日本では、あのようなパフォーマンスの影響を受け、ディーゼルのイメージが悪くなったのかもしれませんね。話は変わりますが、石原さんのお陰で、休日の都内首都高環状線はガラガラになりましたね。環状線の外側・・・池尻や池袋は逆に混雑で大変なことになってますけど。都庁周辺、新宿副都心はガラガラ・・・。山手線内の道路もガラガラ・・・・。都心に住んでいる一部のお金持ちの方の為に、交通量を減らした感じですね。小生の港区の会社にたまに休日出勤するとつくずくそう思います。車の通ってい無い東京タワーの前のガラガラの道を自転車やジョギングしている・・・そんな風景が広がっています。誰が恩恵に預かっているのか?はやり一部のお金持ち、外人さん達でしょ。今日はタイトルも変ですが・・・VMから始まり、お金持ちさんへのひがみで終わりました。なんだかなぁ。9月も今日でおしまい。明日から10月!また頑張りましょう!!

開催国の追加競技選定決定!!


th_HID_8609

2020年の東京オリンピックの追加競技、5種目「野球・ソフトボール」「空手「ローラースポーツ」「スポーツクライミング」「サーフィン」の選定が決まりました。開催国選定なので、IOCに承認されれば、とりあえず今回の東京オリンピック限りの種目となるようです。先ほどのニュースで皆喜んでいたので、選定が決まったということは、ほぼ承認されるということなのでしょうね・・・。さて選定された「ソフトボール」5年後といえば、娘の仲間やライバルたちの誰か・・・おそらく出場するのでしょう。2020年夏、絶対に現地に応援に行きます。今から楽しみだなぁ。やっぱり望遠買うための資金を貯めようかな。ん?5年後か・・・まずは目先の一本を買うことにしましょう。^^ ニッポン・チャチャチャ!!

満足な一日


th_HID_8613

昨日は娘を迎がてら、御殿場のプレミアムアウトレットモールに行ってきました。お目当ては、「ニコン」のアウトレットショップ。真っ先にこのお店に入りましたが、お客さんは小生だけ・・・(その後、日本人に加え、アジア系の外国の方が沢山入ってきましたが・・・^^)。商品を眺めていると、小生が持っていたドンケのバッグに引き寄せられるように、寄ってきました・・・店員さんが。最初は軽くいなしていましたが、そのうちにレンズの話しで意気投合!!この店員さん、メチャクチャ詳しくて、単なる受け売りの言葉ではなく、自分の使用感を持っている。ムムッ何者?と尋ねてみると、ブライダルを撮っていた元プロの方だった・・・。プロのなんたるかの話しでまた盛り上がり、結局、このお店に1時間半もお邪魔してしまった。あれだけ広大な敷地のモールで、この日行ったお店はこの一件だけ。時間切れで帰ってきました。(家内も娘も呆れ顔・・・相当ヤバイな俺も・・・)。でも違う観点の有益な情報を得ることができたので満足です。自分が求めるレンズが変化した一日でした。

そして週末へ


th_HID_8597

シルバーウィーク後、平日の二日を挟んでまた明日から週末の休みとなります。この二日間結構疲れました・・・。さて明日は富士山の裾野の盲導犬協会に研修に行っている娘を迎えに行きます。その後は御殿場のアウトレットに寄ってこようか・・・。週末恒例の買い出しは、日曜日にするとしましょう。話は変わりますが、先週友達がアキレス腱を切ってしまいまして・・・。アキレス腱を切った場合、今は昔と違って必ずしも手術するというわけではなく、保存療法(手術しない)を選択することもできるそうです。相当悩んでいましたが、彼は保存療法を選択しました。手術よりも治癒に少し時間が掛かるようですが、入院や傷痕が残らないというメリットがあるようです。ギブスでガチガチに固めるらしいですが、良い選択をしたのではないかと思います。早く治ると良いですね。お大事になさってください。

秋の夜長へ


th_HID_8595

シルバーウィークが終わります。今年はこのシルバーウィークという言葉が連呼されましたが、ゴールデンウィークとは違い、なかなか定着しませんね。次の5連休は2026年とう噂もあります。秋分の日は年によって若干前後するので、2026年が正しいのか、私にはちょっとわかりません。この先どうなるかわかりませんが、今年のシルバーウィークで消費も少しは上向いた感がありますので、いっその事、毎年秋の5連休を作ったら如何でしょうかね。そのほうがきっと良いほうにコロがると思いますヨ。安保法制案の可決・成立、マイナンバー、そして消費税増税・・・と支持率は下がる一方のようなので、ちょっこし全国民が満場一致で喜ぶことをやってみたら如何でしょう(あー、サービス業の方はあまり嬉しくないのかな??失礼・・・)。春秋でゴールデンとシルバー、夏冬でダイヤモンドにプラチナなんて洒落てていいのでは?またあまり良い加減なことを書くと叱られそうなので、この変で・・・。「暑さ寒さも彼岸まで」これから一気に秋めいて行くのでしょうね。今日は秋分の日でした。明日から夜の時間が長くなりますね。それではゆっくりと秋の夜長を楽しむとしましょう。ではでは。

遥か国後に白夜は明ける


th_HID_8407

先ほど、日ロ外相会談のニュースを見ました。北方領土返還に関する対話を「した」、とか「しない」、とか・・・。岸田外相の堂々とした態度を見て、昨日のラグビーの投稿に続き、もう一つの「奇跡」を思い出しました。そう司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」!!慌てて本棚を確認しに行きましたが、本棚に何故か肝心のクライマックスの巻が無い・・・。三階の納戸をあさり、先ほどようやく全8巻を見つけ出しました。

#妻が三階から出した本の埃に反応し、リビングでクシャミ連発!!申し訳なく、先ほど、ここパソコンのデスクに逃げてきた次第です。

さて「坂の上の雲」といえば奇跡の勝利、日露戦争でしょう。「坂の上の雲」は、主人公の四国出身の秋山兄弟が、大連は旅順(二〇三高地)と日本海海戦で戦い抜く物語。圧巻はバルチック艦隊を破った日本海海戦ですね!最強と言われたロシアのバルチック艦隊を迎え撃ち、勝利した日本海軍。うーん。また読みたくなる小説です。この時の日本海軍は丁字戦法(東郷ターン)と呼ばれる戦法でバルチック艦隊を撃破したのですが、様々な「運」を味方に付けた勝利だったと言われています。「東を支配せよ」という意味で名付けられた港「ウラジオストク」にロシアのバルチック艦隊はおらず、彼らは遠く西のヨーロッパからアフリカ、インド、シンガポールを周り遥々アジアへ来たのでした。日本海に到達した時には、船底に貝がびっしり付き、メンテナンスも不十分で石炭の煙をモクモクと吐く割にはスピードが全く出ないポンコツ船隊となっていました。そこにバリバリにチューニングした日本船隊が迎え撃つ。しかも当日は快晴&高波!!天候も味方しました!!秋山真之が打電した「天気晴朗ナレドモ浪高シ」という言葉は有名ですね。当時の日本軍の大砲の性能は優れており、晴天は敵艦を狙うのにうってつけ、そして高い波はロシア艦隊のポンコツ船がスピードに乗らないという絶好の気象条件だったということです。そして更に東郷平八郎があみ出した戦法(東郷ターン)で奇跡的な勝利を得たのであります(詳細割愛)。ヘロヘロで地球半周してきたロシア艦隊は、一隻でもまともな戦艦をウラジオストクに逃げ込ませることができたら「勝利!」と決めていたそうですが、残念、ロシアのバルチック艦隊はこの海戦で壊滅させられました。日本海軍の圧勝だったということです。もしこの海戦で日本が負けていたら、北海道はロシアのものになっていたとも言われています。逆にこの時の勝利により、北緯50度までの南樺太(サハリン)は日本領土となりました。今も、南樺太と北樺太が北緯50度で分かれているのはこの時の名残りだそうです。さて北方領土の話に戻りますが、歯舞、色丹、国後、択捉の四島は、昭和20年の8月、第二次世界大戦の終戦’直後’にロシア(当時ソ連)が攻め入り占領されてしまったということです。ズルいですねぇ。ロシアにとっては北方領土は太平洋に出るための重要なエリア・・・「ウラジオストク(東方侵略)に必要な場所」なんです。日出づる国「日本」は、アジア他国から見ると目の上のタンコブ、太平洋に出辛い、とても邪魔な国なんですね。中国も太平洋への道筋を確保するために、尖閣やら台湾、フィリピンあたりとゴリゴリやってるのでしょう。今日は、休みということもあり話が長くなりましたが・・・さらに冒頭に戻ります。今日の「岸田外相の堂々とした態度」・・・「あんたら、負けてさ、その後ズルいことしたのに良く言うよ。」という『余裕の態度』だったのだ、と小生は見ました(見てて小気味良かった!!)。北方領土は大切な漁場、是非返してもらいたいものですが、返してもらっても、あまり開拓をせず、自然を残し、遠くから眺めているのが良いのかもしれませんね。🎵遥か国後に〜白夜は明ける〜・・・。