進むべき道


th_HID_0035

もんじゅ・・・そろそろ廃炉になるのかな?安全な運営が兼ねてから出来ていないと、原種力規制委員会が運営体制の見直しを求めるようです。運用して行く上で4万9千点に及ぶ機器を管理する必要があるのに、1,387点の機器が1992年完成時から点検されていなかったことが発覚。今までも1万点の機器点検漏れや監視カメラが故障したまま放置されていたことなど、ずさんな管理体制が指摘されていました。過去ナトリウム火災、燃料交換用のクレーンを原子炉に落下させるなどの事故も相次ぎましたね。1994年に核分裂が維持される臨界に達し、翌95年8月に発電開始、その4ヶ月後にナトリウム火災、2010年5月に14年半ぶりに運転を再開、その3ヶ月後にクレーン落下。殆ど発電することなく・・・今までに1兆円を投じてきたということです。モッタイナイ。「夢の高速増殖炉」の実現は難しいのか?!日本にある他の軽水炉の原発と何が違うのか・・・?「水を熱して蒸気にし、巨大なタービンを回転させて発電する仕組み」は一緒。水を熱する元となる熱を発生させる原子炉の作りが違うということです。一般の軽水炉はウラン235に中性子をぶつけて核反応させ、この反応で飛び出した中性子がまたウラン235にぶつかって更に核分裂が進む・・・これを繰り返すのですが、放出された中性子のスピードが速すぎてウラン235と反応しにくいので、水を使って中性子のスピードを減速させる必要がある。だから燃料棒が水の中に沈められているんだって、なるほど。一方で高速増殖炉は、燃料棒にウラン235ではなくプルトニウムや通常では核分裂を起こさないウラン238を使用するらしいです。ウラン238というのは235より多く存在しており、比較的手に入れるのは簡単らしい。複雑な化学反応はわかりませんが、核分裂でプルトニウムが分裂しウラン238と反応してまたプルトニウムができる。エネルギーの熱を得ながら燃料のプルトニウムも増やせる・・・そう夢の原子炉なんだそうです。軽水炉と違うのは、中性子を減速させてはいけない、高速でぶつける必要があるところ。そのために水ではなく、熱を運ぶ物質に金属ナトリウムを使っているのです。これがまた厄介者・・・空気に触れると燃えて爆発する。取り扱いが相当大変なんですね。完成から20年以上経ち、技術者も居なくなってるんでしょうね。運営も魂入ってなさそうだし・・・となると、やはり向かう処は廃炉なのかな?そういえば、原発無くてもちゃんと生活出来てるなぁ。街の灯も震災前と変わらない明るさに戻った感じ!?あまり余計な事言うと叱られるのでこの辺で。

え?灯台ですってば・・・


th_HID_9855

そういえば中国が南シナ海で人工島を軍事基地化を進めていますが、やはり太平洋への道筋を作ろう、実効支配を高めようと躍起なのですね。そして先日、遂に米国のイージス艦が人工島周辺12カイリに侵入、緊張感が高まっています。この結末は如何に・・・。諸説囁かれていますが、小生が頷く結末は次のとおり。ズバリ「中国は人工島に軍事施設を作ることを諦める。」です。恐らく「滑走路、軍事施設を作るなんて最初から誰も言っていない・・・我が国は、シーレーンの安全を考え、近代的な灯台を建築するのだ。アジアの発展に貢献して行くのだ!!」ということにでもなるのでしょう。何故なら・・・米国の影響力が如何に薄れても、米国の力はやはり偉大なんです。あの国はやると決めたら、よほどの理由がない限り(やめる理由がない限り)続ける。つまり人工島周辺海域への侵入はずっと続くのでしょう。ずーっとね。旧ソ連が崩壊したように、中国は今の延長では経済は持たないのは明らか、既にこれ以上の経済成長は望めない状況である。一部地域の経済特区で外資を呼び込み、安い労働力と、先進国にならえ(模倣も含めて)・・・でここまで成長してきましたが、賃金上昇と共に競争力も低下し、次の成長戦略も描けていない。長期戦になればなるほど、米国に従わざるを得ない状況になるということは目に見えている。軍事も米軍にならえなわけで・・・モノマネが本家に勝てるわけがない。何よりもメンツに重きを置く国民性なので、先の「灯台」発言にさらっと変わるのではないかと小生は読んでいます。公表はされていませんが、既に日本の自衛隊もこの米軍と共に南シナ海に向け行動を開始しているという噂もあります。何れにしてもこのような情勢を鑑みると、安保関連法案は良い方向だったのだろうな、と個人的には思っています。

秋が深まってきました


th_HID_9937

テレビを付けたらフィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦をやっていました。これから冬のスポーツが盛んになってきますね〜。昨日SP6位と出遅れた羽生選手、結構頑張りました。2位の銀メダル獲得!!さすがですね。SP1位だった村上選手は3位の銅メダル獲得!!銀銅と日本の選手が入り大いに盛り上がりました。優勝はパトリック・チャン選手。地元大会ということもあり?11点以上差を付けての優勝でした。実は得点差なんて滑りを見ていても素人の小生にはさっぱりわかりません。転べば流石にマズイということはわかりますが、アナウンサー、解説者の細かな状況説明で一喜一憂しているだけです。演技を終えおきまりの場所で総合得点が出て、「あーそうなのか」と・・・。白黒ハッキリさせるのが難しい?競技なのでしょうが、もう少しわかりやすく解説してもらえるといいのですけどね。素人なもんでワガママですみません。話は変わりますが、ここにきて急に寒くなってきましたね。そうそう、昔から思っていましたが、寒くなると点灯したばかりの蛍光灯は何か薄暗くて寒々しいですよね。秋が深まってきました・・・今日この部屋も早々と冬の空気が漂いはじめています。ちょっと喉が痛いなぁ。皆さんも風邪をひかぬよう身体に気をつけてください。

心静かに・・・


th_HID_9994

今日はハロウィンです。子供の頃、昔はこのような行事はなかったと思いますが、最近は盛んですね。まあ行事が増えれば、景気も良くなりそうなので大歓迎です。そこで・・・私にとって馴染みの薄いハロウィンについて、ちょっと調べてみました。古代に中央アジアからヨーロッパに移民した「ケルト人」たちのお祭りが起源らしいです。秋の収穫と悪霊を追い出す宗教的な儀式だったようです。確かに飾り付けに使われるジャック・オー・ランタンなどは不気味ですね。10月31日は夏の終わりを意味し死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたようです。なーんだ、お盆みたいなものですね。お盆とちょっと違うのは、有害な精霊や魔女も来ちゃうらしいので、身を守るために仮面を被って魔除けの火を焚いていたのだそうです。日本は逆に「施餓鬼」で無縁仏の霊も供養しますけどね・・・。まあいいか・・・何れにしても人間界と魔界の間が薄くなるという今夜、ちょっぴり心静かに過ごしてみたいと思います。

気働き


th_HID_8821

ソフトバンク優勝しましたね。そこぢからの差なのか?頭の差なのか?何れにしてもヤクルトとは僅差だったような気がします。3打席連続ホームランの山田選手を封じたのも見事。素晴らしいバッテリーの皆さんでした。打撃も凄い。李大浩選手、流石のパワーでしたね。昨日の2ランはファールにも見えましたが、ビデオ判定でホームランの判定に・・・。乗ってるチームは違いますね。しかし工藤監督も’持ってるなぁ’。いやただ持っているだけでなく、相当な’人物’なのだと思います。頭の使い方、気の配り方などが凄い方なのだと思います。「気配り!?」いや・・・。そういえば昔、ある年配の方に微妙な言葉使いを注意されたことがあります。「気を配るだけでは物事上手くはいかない。気は働かせよ・・・」と。つまり「気配り」ではなく「気働き(きばたらき)」が大事なんだと。そのお方は、気配り=「心遣い、配慮」ではなく、重要なのは、気働き=「機転を利かせろ」だ。ということを小生に教えてくれたのです。山田選手封じを徹底指示した工藤監督。勝つためのツボに対して機転を利かせることができる、気働きの上手な方なのだな、と思いました。

ドンピ


th_HID_8917

今日は朝8時30分から15時まで、父親を市立病院に連れて行きました。掛かり付けのお医者さんに紹介状を書いて頂き、目的の科の先生がいらっしゃる日を狙って、今日有給休暇を取って行ったわけですが・・・。何と予約が無いため受診できませんでした。紹介状があろうが予約を取らなければ看ていただけ無い。予約を取るためには初診でまず内科の診察が必要なんだそうです。つまり運が良ければ2回目から診ていただけるということになります。何というシステム・・・年甲斐もなく、ちょっとだけ受付で食ってかかってしましましたが・・・。まあ結果はオーライ。紹介状に書かれていた科ではなく、たまたま今日初診で掛かった腎臓内科がドンピでした。良いこともあるものです。今日結局6時間以上病院に居たわけですが、高齢者に優しいところと、冷たいところを両極端に垣間見ることができました。優しくて感心したところは、看護師さん、先生の優しさに触れられたことですね・・・まあ気長に対応頂けまして助かりました。本当に頭が下がります。一方で冷たいところは、血圧を事前に測れと言われ、行ってみたら車椅子から機材が届かない高さにあって測れなかったこと、検尿のコップを簡単に渡され(無理だと言ったのですが)、頑張ったけど結局採尿できなかったこと(結局カテーテルで採尿することになりました**;)、車椅子なのにレントゲンの前に立たせてくれと言われたこと「でも感心したのは、若い看護師のお姉さんが、無理だという事に気付き、ひたすら謝り、最後は父を脇から抱きかかえてレントゲンを撮ってくれたのです(被曝しちゃったろうに、申し訳ない)。」アッチ行ってコッチいって。採血、採尿、心電図、レントゲン、CTと一通り検査に走り回りました。この間父のトイレ5回・・・。まあ下ろしたり上げたり、脱がせたり着させたりと忙しい一日でした。苦労した甲斐あって、心臓、肺問題なし、ん?何がドンピか??そう腎臓結石が見つかったのです。腎臓の血液の値が良くなかったので、当初は血液腫瘍内科がターゲットだったのですが、どうやらその必要はなく・・・’石’が数値を悪くしたいたようです。たまたま見ていただいた腎臓内科の先生が言うのですから、安心です。それにしても年を取ると病院に居る時間も長くなるのですね。車椅子でも簡単に上下着脱できる方法が実現できれば、ノーベル賞ものかもしれません。

今日もいい試合でした


th_HID_8973

今日はソフトバンクが勝ちましたね。最後のバッター盛り上がりました。いい試合でしたね。明日ソフトバンクは優勝を決めるのでしょうか?また明日が楽しみです。明日は諸用があり会社はお休みです。朝から走り回らねば・・・。ではでは。

瓜二つ


th_HID_9864

燕が一矢報いました。実は今シーズン殆どヤクルトの試合は見たことがありませんでした。日本シリーズも今日初めてTVで7回から見ました。山田選手が3打席連続ホームランを打ったとか・・・凄いですね。もっと驚いたのは、ヤクルトの守護神。早々と出てきたと思って見ていたら、8回と9回で背番号が違う???気のせいかと思って調べてみたら、瓜二つの外人投手が投げていたのですね。オンドルセフとバーネット。同一人物かと思いました。しかしバーネット投手。152キロのストレートでグイグイと、最後の二人立て続けにバットをへし折り凡打に仕留めました。凄い選手がいたものですね。続くゲームがまた楽しみですが・・・ソフトバンク頑張れ!!と密かに応援してます。ヤクルトファンの皆さん、スミマセン。

寒くなりました


th_HID_8860

急に秋めいてきました。昨日位から北のほうは寒気が入ってきているようですね。皆さんも風邪などひかぬよう気をつけてください。今日は簡素に・・・また明日がんばりましょう。^^

NDフィルターの検討


th_HID_9853

明るいレンズとシャッタースピード。これまた悩ましい問題です。晴天時屋外で絞り開放で撮りたい時、シャッタースピードの上限(現行機種は1/4000S)でも露出オーバーになることがあります。特にf1.4クラスの明るいレンズを使う時はこの傾向に悩まされます。現状の回避策はとりあえずNDフィルターで逃げるしかないかな。NDフィルターは、撮像素子に届く光の量を減少させる優れもの。絞り段数を落とす様々な種類が売られていますが、とりあえず絞り段数2段くらい落とすものを購入してみようかな。これであれば1/8000Sのシャッタースピードを必要とするケースでも2段落として、1/2000Sで撮れるようになります。水の流れをスローシャッターで流し、上手く表現したい場合にも、NDフィルターは活用できるし・・・よし一枚買っておきますか。