睨み合い続く


さて荒野の決闘はその後どうなったのでしょうか・・・。相変わらずメインストリートでの睨み合いが続いているようですね。ならず者は、トランプ保安官が簡単には銃を抜けないのを知っているようで、せっせと爆破実験と飛び道具の試し打ちの準備を続けているようです。一方のトランプさんも味方や武器・弾薬を集め始めているのでしょうか・・・。両者50ヤード離れたところで、睨み合っていると言った感じですかね。まさに一触即発!!お互いに吠え合っているようですが・・・本音はどうなんでしょう?「お前のかーちゃんデベソ!」くらいのレベルであって欲しいものです。

荒野の決闘?!


北朝鮮が核実験を行いました。水爆の実験だったと言ってます。いつも通り「断じて容認できない・・・」とか各國口を揃えて批判・抗議していますが、経済制裁も掛け声ばかりで、このままでは北朝鮮は立派な(実用可能な)核兵器保有国になるでしょう(結局中国は石油は止めないだろうし、中国ロシアが厳しくしても、北朝鮮は世界164カ国と国交を持ってますからね)。えーと、ここでちょっと整理します・・・実は北朝鮮は既に「核保有国」に入っています。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮の8カ国が核保有国ですね。その他疑いがあるのが、イスラエル、イラン、シリア・・・、ミャンマーも疑いがあるそうです。西側諸国、ロシアと肩を並べるために、皆次々と核を持ちたがるようですが、核を持つことでいったいどれくらい発言力が上がるのでしょうかね?北が核(正確には実用可能な核兵器)を持っても、すぐには先進国と肩を並べることはできないと思います。とりあえずは自分の立場を守る作戦なのでしょうか・・・。彼は過激な方のようなので、核兵器を持ったら、何をするんでしょうかね。恐ろしいです。そういえばトランプさんはあまり過激な発言をしなくなりましたが、口だけなのか、裏で何か事を起こそうとしているのか。こちらもよくわからない、おかたであります。「町外れのならず者が、いつの間にか火薬工場を作り、忠告を受けながらも・・・気がついたらダイナマイトを作っていた。口うるさい保安官は、しょっちゅう忠告するけど、銃を抜けないでいる。そんなある日、文在寅という南側の牧師を人質にとったヤツが・・・ガトリングガンを馬車に乗せ、ダイナマイトを腹に巻いて町に来た。たならず者と保安官がメインストリートで向かい合う。乾いた風が人影の無いストリートを吹き抜けていく・・・」こんなマカロニ・ウエスタンの1シーンのような状況になってまいりました。果たして保安官は銃を抜くのでしょうか・・・。ひとつ言えるのは、このシーンを見ている我々は、スクリーンごしに見ているのではないということです。決闘寸前の町の建物の窓からのぞいているくらいの感覚でしょうか。始まったら、流れ弾やダイナマイトが飛んでくるな、こりゃ。さてと、来週も頑張りましょう!!

騒がしくなってきたな


少しサボっているうちに、若干涼しくなってきましたかね。今日、東京は27度だったようです。台風15号の進みが遅くこの先の天気も少し読みにくいですが・・・いい天気が続くといいですね。何だろう・・・最近は外で飲む機会が多くて結構まいってます。バイオリズムじゃないけど、生きてると色々な周期があるんですね。きっとこの飲む機会もそうなんだと割り切って、やり過ごしたいと思います。今月はまた色々な動きがありそうだなぁ。何ていうか・・・晩年期の節目というか、政治や海外情勢を気にするどころじゃなくて、身の廻りが騒がしくなっています。今はまだ詳しく書けませんが・・・10月になれば落ち着くと思っています。そして、来年になると、ガラリと環境が変わっているかな?まぁとにかく私生活だけは今の状態をキープして体調管理には気をつけていきたいと思います。さー明日も踊るぞ〜!!

24時間テレビ


途中途切れ途切れでしたが、24時間テレビを見てしまいました。何と今年で40年目の番組だそうで・・・驚きました。毎年人を元気にしたり、勇気付けたりと・・・色々と思考を凝らしていますよね。10ヶ月位かけて諸々練るのでしょうか?!相当な規模のプロジェクトですね。ちょ〜っと、大げさなところや、ヤラセかな?と思う場面もありますが、そう感じつつも、まぁ予想通り番組に引き込まれて、毎年目頭が熱くなるわけであります。いや毎年涙腺が弱くなっていくのが実感できるわけでありまして・・・嫌になっちゃうなぁ。さぁこの番組が終わると9月ですね・・・。

だらだらと・・・


結局ですね・・・エコキュート(オール電化)の装置は壊れていました。外のお湯をためるタンクの内部で水漏れしていたようで、とりあえず工事屋さんに応急処置をしてもらいました。あくまでも応急処置だそうで、部品を取り寄せた後にタンクの水を抜き、パッキンなど総点検し必要なら交換作業が必要ということです。いやはや大掛かりになりました。一体幾らかかるのだろう・・・見積りが出るのが怖いですな。車なら何とかしてきたのですが、オール電化の装置となると手が出ません。車もハイブリッドとかになったら・・・きっと・・・やはり手が出ませんな。さて東京はようやく晴れまが続くようになりましたが、何と仙台は36日間も連続の降雨だそうです(新記録!?)。夏休みは40日くらいだと思いますので、夏休み中ずっと雨だったということでしょうか・・・これまた大変な異常気象ですね。学校の給食が始まると更に野菜が高くなるともテレビで言っておりましたが、この先どうなるのでしょう。買い物で見かけましたが、売っているレタスのタマが小さくて・・・驚きました。おっと故障から野菜の話しに飛んでしまった。まぁいつものことか。

偶然


休みが終わり、バタバタと関西、中部に出張してきました。久々の投稿になりますね。今日、東京ガス関係の営業をやっている中学の同級生からLINEをもらいました。東京電力から東京ガスに「電気会社」を変えないか?というお誘いでした。東京ガスも発電所を持っていて、売電しているようです。残念ながら我が家は既にオール電化なので、お安くはならなかったようですが・・・。で・・・話しは変わりますが、今回名古屋に泊まったホテルは、あの「車が故障した時」に泊まったホテル。何となく嫌な予感はしていたのですが・・・。今朝、家内からのLINEを見てビックリ!「給湯器からお湯が出ない(つまり故障)」という内容でした。最近、確かにちょっと調子が悪かったのですが、先ほど帰ってきて、販売店に問い合わせたら、どうやら本格的な修理が必要な状況のようです。虫の知らせか???偶然か???わかりませんが、前日に同級生からの「電気」の話しがあり、泊まったホテルが前回車が故障した時のホテル。そして今朝、給湯器が故障した・・・。やっぱり、単なる偶然ではない?のかな?何れにしても、明日修理してもらいましょう。

長崎へ


九州は長崎まで来ました。大浦天主堂とグラバー邸、オルト邸などを訪れました。隠れキリシタンの想いに少し触れ、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文などの志しにも少しばかり触れてきました。龍馬が弥太郎が、熱い志を抱いて、この柱を触ったかもしれない、いや触ったであろう・・・と思い、ベタベタと触ってきました。心踊るなぁ。対岸の三菱の造船所も素晴らしい、未だに現役で動いているジャイアント・カンチレバークレーンも素晴らしい。良い旅になりそうです。

近い将来の話し・・・


今日は、ロボットの話しの続きではありませんが・・・真剣に近い将来の車の買い替えを考えなければなりません。EV(電気自動車)はまだ早いとしても、ハイブリッドかプラグインハイブリッドは視野に入れる必要がありますなぁ。と思っていたら、EVも欧州からどんどん投入されてくるそうで、ポルシェ、ジャガーなど2018年から販売するようです。驚くのはその性能・・・ポルシェのEVは航続距離500Kmだそうで、時速100Kmに達するのに僅か3.5秒(現行の911を上回るらしい)なんだそうです。EVの時代がすぐそこに・・・と思いきや。こんなことで驚いていてはダメ!あと3年で空飛ぶ車が実用化されるみたいです。時速180Kmで飛び、760Kgのモノを詰める能力があるらしいです。既に200回の飛行試験を終えているというビックリのニュースです。空飛ぶ飛行機の技術は、ドローンを応用したものらしく、回転翼がむき出しになっていないので、車の形に近い外観となっています。いやはや凄い時代になってきました。生きているうちに空を車がガンガン飛ぶ光景が見られるのかな?バックトゥーザ・フューチャーの未来のシーンのよう!!興奮しますね。

話しついでに


関東は8月に入り、15日連続で雨。観測史上初めてのことらしいですね。さて昨日はくだらないロボットの話しを書きましたが、くだらない話しついでに・・・突き詰めていくと人間のやる仕事は全てロボットに置き換わってしまうのではないか!?と思ってしまうのでした。AIが本格的に進化していけば、人の気持ちの揺らぎとか、忖度に至るまで、自らが判断して働くというロボットが出現するのも夢ではない気がします。あーまさしく「鉄腕アトム」ですね。身体に原子炉まで内臓されていて、10万馬力のパワーで感情も持っている。一家に一台?このクラスのロボットがいたら、彼らに働いてもらうようになってしまうのかな?ロボットが働いてお金を持って来て、人間はみんなお金を使う側?つまりお客さん?どんなに嫌なお客さんでも「客さん(人間様)は神様」だし、ロボットは逆らわずに最高のサービス、最高のおもてなしを提供してくれる。まぁ極端ですが、こんな構図が見えて来ます。ん?まてよ・・・どこかで聞いたフレーズ。「顧客満足第一、期待を超えた感動を!、極上のサービス、お・も・て・な・し・・・」製品の優位性が無くなり、他に差別化をはかるための施策の文言は、全てお客様満足(CS)、サービスに対する言葉。まるで今の日本社会。今の世の中、ロボットの姿はまだあまり表に出て来ていませんが、サービスする側の人間は、ロボットのように正確、迅速に対応し、そしてどんなに嫌なお客様に対しても笑顔を忘れず、常にお客様を慮り、最高のサービスを提供しようとする(少なくとも、そのように企業で教育される)。そう・・企業は「デジタルに!!ロボットに近づけ!!」とマニュアル通りの教育をしているのですね。マニュアルさえできてしまえば、実はロボットに置き換えるのは、然程大変なことではないと思います。働く人が全てロボットとなったら、働くロボット達にストレスは無いのでしょうか?また、お客さん側になる「人間」のストレスは一体どうなるのでしょうか?きっとロボットが突然変異で進化して・・・映画のA.I.(エー・アイ)やターミネーターみたいになっちゃうんだろうな。我々は、一体どこに向かっているのでしょうか。

天気が悪いですねぇ


しかし天気が悪いですね。今朝は朝から全米プロゴルフ最終日の中継を見てしまいました。松山、メジャー日本人初制覇ならず・・・惜しかったです。10番ホールくらいまで、一時単独首位になったんですけどね、そのあと3連続のボギー。まぁ見てると・・・ミスショットの時は、打った瞬間にわかるんですかね、フォロースルーが明らかにいい加減になる。精密機械みたいにスイングするトッププロでさえ、あんなに崩れるんですから、ゴルフって究極のメンタルスポーツなんだなぁ・・・やはり難しいんですね。今や、コンピュータは将棋や囲碁で人間に勝ってしまう時代、ゴルフのロボットを作ったら、人間に勝てるのかな?距離を読み、風を読み、芝目・コンディションを読み、たとえ、つま先が上がっていても下がっていても、バンカーもラフもなんのその・・・。メンタルはいつも安定、正確なショットで・・・。ん?まてよ、これだけの能力があれば、圧倒的なパワーで、ロングホールでもワンオンできるのかな?(全ホール、ホールインワンだったりして)・・・見て見たいなぁ、誰か作らないかなぁ。でもなぁ、いちいち運ぶの大変そう。同じ打つなら、野球のほうがロボットは作りやすいのかなぁ?どんな球種でもストライクゾーンに来たら、必ずバックスクリーンにホームランを打つロボット・・・いいね、夢があって。球の軌道をカメラで正確に追って、ベースの手前で微妙に動くクセダマもなんのその。フォーシーム、ツーシーム、ワンシーム、カット、スライダー、カーブ、シンカー、フォーク、チェンジアップにナックルまで・・・初速と角度、縫い目をカメラで捉えて、回転数を計算し、「この初速、角度で投げ出され、この回転角でこの縫い目が出現する回り方の場合、18.44m届くのに0.XX秒かかって、この角度でこのストライクゾーンに入ってくる」と瞬時に計算して、いい感じに腕を折りたたんだりして・・・うまく微調整して、高速のバットスイング(オズマの見えないスイング!!古〜い)で、バットの芯に確実に乗せちゃってね・・・美しいバックスピンが掛かった弾道で!!毎回バックスクリーン直撃!!といった感じ。あー気持ち良さそう・・・どーですか?こうなると200Km/hを超える豪腕&キレキレの見たこともない変化球を投げる絶対に打たれないピッチャーロボットも作らなくてはなるまい。そして塁間を2秒で走る高速代走ロボットに、それに対抗するために必ず盗塁を刺す、捕球から2塁送球まで1秒のキャチャーロボット・・・それとそれと・・・。・・・・天気のいい暑い日に、この矛盾だらけのロボットチーム同士で試合させて、スタンドでビールをがぶ飲みしてヤジを飛ばす・・・・。・・・・アホくさ・・・さっきジムに行って来たんだけどなぁ、ダメだ会社休みだと暇で、ろくなこと考えないなぁ・・・明日はスッキリと晴れないかなぁ。