今日も眠い・・・


日曜日に身体を動かしすぎたせいか・・・昨日、今日と身体がだるいです。特に腕と肩、背中がパンパン、調子に乗ってボールを打ちすぎたかな?さて約1年、地味に続けていることがあります。覚えていらっしゃる方もいると思いますが・・・右手の人差し指の魚の目が実はまだ取れずに頑張っています。3回くらい「もう取れただろう」と確信を繰り返してきましたが、ダメでした。でも確実に小さくなってきているので、今度こそ大丈夫だろうと思っています。小さな魚の目ですが、結構取るのは大変ですね。あー今日も眠い。最近眠い日が多いなぁ。もう少ししたら寝るとしましょう・・・では。

また頑張りましょう


昨日とはうって変わって、梅雨らしい天気となりました。今日は朝、母の面倒を見てから練習場へ行きました。150発打ってから一度家に戻り、そして午後はジムへ・・・。そして先ほど帰ってきましたが、身体中がギシギシで・・・悲鳴をあげています。毎日これくらい動けば、健康になるんだろうけどなぁ。もうお酒も入っているので、眠気に身を任せ、寝てしまいましょう・・・。また明日から頑張りましょうね!!

蜂の巣


セルモーター交換し、無事エンジン掛かりました〜。作業の概要はトップページから「愛車若返りプロジェクト」の中に入ってご覧ください。今日、セルモーターの交換品がなかな来なかったので、クロネコさんを待つ間、家の周りの植木を剪定していたら、何と直径20センチ以上のスズメバチの巣がありました。ジョキジョキ切っていたら、横の木のあたりから、大量の蜂が一斉に飛び立ち、鳥肌ものでした。黒目の服を着ていたので、狙われないように、白っぽいTシャツに着替え、殺虫剤片手に、再度巣に近づいて、思いきり巣穴めがけスプレー!!ブシュー!!するとブンブンと蜂が飛び出してきて・・・一瞬、「市役所に電話した方が良かったかも」と真剣に思ってしましました。何とか蜂から攻撃されることなく、数分がすぎて・・・。少し遠くから様子を見ると、あまり蜂のいる気配がないみたい。思い切って、去年自治会からもらった、のぼりをつける長い緑の棒(竿みたいなやつ)を目一杯伸ばし、掛け声と気合いと共に、屁っ放り腰で巣を壊して、叩き落としました。巣は家の壁と塀の間の溝に砕けて落ちて・・・。巣のあった枝の周りをガンガン切って・・・。何とか退治?処理?できました。蜂さんが飛んで来なくなったので、勝手にそう思っています。蜂さんたち・・・今晩どこで寝るのだろう??とちょっと心配になりますが、まぁ致し方なかったかな・・・と思います。ちょっと掃除の手を抜くと、家の周りも色々な変化があるのだなぁと思いました。こまめに掃除するとしましょう。明日は天気下り坂かな??でも明日は気分転換にゴルフの打ちっ放しでも行こうかな〜。

性懲りも無く


という訳で・・・名古屋の出張から戻りました。家に帰ると、愛車が駐車場に納まっていました。「昨日は散々だったね。」と声を掛けたくなります(勿論、家内にも声を掛けましたよ!!^^; )。さて、問題のセルモーター、帰ってきてから今日は調子を見ていませんが、結局昨日夜中にヤフオクで、13,000円のリビルト品を落札しまして・・・性懲りも無く自分で直すことにしました(俺がいじった部分の故障ではないのですが、皆んなが疑っているので、何だか「性懲りも無く」と書いてしまいます:俺じゃねーよ!冤罪だ〜!信じてくれー!!)。明日このリビルト品のセルモーターが届く予定です。また朝一から作業に取り掛かり、事前に故障モーターは外して起きますか・・・。因みに、修理工場で新品のモーターに交換してもらうと、55,000円〜80,000円くらいするらしいです。これを知って何が何でもまた自分で直そうと考えてしまったのでした。性懲りも無くね〜・・・^^; また修理履歴更新しておきまーす。

遂にセルモーター故障・・・


我が家の車、今晩、遂にセルモーターがいかれました。本日、小生は名古屋に出張中。家内がお友達と会食の後、駐車場でエンジンがかからなくなったとのこと・・・ホテルでビール飲んでたら突然、電話が掛かってきました。改造だらけ故・・・JAFのお兄さんに長々と電話で改造箇所を伝えまして、「バッテリーでなければ、セルモーターの故障ではないか」と伝えたところ、お兄さんには、「プッシュスタートの配線か、何処かのリレーじゃないか?」と言われ、「その装置にリレーはないわい」とちょっとムッとして、きっぱりと否定して差し上げました・・・。結局、セルモーターに直接電流を流し、ドライバーでモーターをコンコンと叩いたら、かかったようです(この作業も想定どおり)。先ほどまた電話が掛かってきて、お兄さんから「先ほど仰られたように、セルモーターの故障でした」と言っていただいて、ちょっと満足!「ディーラー?工場?に持ち込まなきゃダメ?」と聞いたら「ご主人様が何処かでモーター購入されて、ご自宅で取り替えられても格好かと・・・」と言われちゃいました・・・セルモーターまで自分で変える気はないんだけど(^∇^)。どーしよーかな。兎に角、また家内を心配させてしまった。楽しい会食が台無しになっちゃったかな、申し訳なかったなぁ。スミマセン。

こんな時もありますな


何だか久々の投稿です。この紫陽花、父の墓地に咲いていたんですが・・・綺麗だったんですよ。さてと、もう水曜日も終わりますな。今週は慌ただしいです。日々が慌ただしいと、投稿する暇がなくなり、世の中の出来事にも少し関心が薄れ、また筆が遠のく・・・。これは、いかんですな。でもこんな時もありますな。まぁ細く長く、あまり気張らずに書き込んでいこうと思います。

また頑張りましょう!!


金曜日の夜から夏風邪?をひき熱を出してしまいました。喉いた〜。早いもので父の命日ももうすぐ・・・今日はうちわだけで、父の一回忌を行いました。明日からまた仕事が始まります。みなさん頑張っていきましょう!!

疲れますな


週初めに出張に行くと疲れます。最近、国会もつまらないですし・・・あまり書くことがないなぁ。しかし与党を何とか揺さぶろうと、色々と仕掛けますね。最近のツッコミは、あまりたいしたエビデンス(確証)もなく、「ご意向」とか「忖度」とかの部分でほじくり返して・・・。たっぷりと時間と血税を使って・・・いい加減にしてほしいですな。忖度がなかったら組織なんて回らないですよ。忖度(そんたく)=「気持ちを推し量る、推測する」。お客様に対して、或いは、部下、下位組織がこのような気働きをしなかったら、終わりですな。「おもてなし」だって「相手を慮(おもんぱか)る」という言葉だし、英語の「マネジメント」という言葉だって、日本人は「管理」という意味で使いたがるけど、本質は「何とかする、どうにかする」という意味です。外資系の会社では、よくYou manage.(ユー、マネージ)「お前、どうにかしろ!」という指示が上司から飛びます。部下は「上司の気持ちを推しはかり、何とかする」わけです。世界中で行われている、この「推し量る」という「グレー」な部分に対して、明確な根拠のないツッコミ・・・。ほどほどにしませんか?あー疲れた。


最近は名古屋ばかりでしたが、久々の関西へ。夕食は可愛く、ミニ幕の内弁当と一番搾り。いつもと違うのは、シートにゴルフダイジェスト⛳️が刺さっていること。^^   昭和生まれのオヤジ丸出しの四号車11番Aシートなのでした。では、いただきま〜す。ヒー!!(◎_◎;) 口内炎がシミルね〜。

人間は忘れる生き物



人間は・・・「考える葦」であるというパスカルさんの言葉があります。何で「葦」なのか、よくわかりませんが、人間は「葦」のように弱い植物と同じ弱い存在だけど「考える力」があるから弱いけれども色々な苦難を乗り越えられるという意味だんだそうですね。まぁこのような意味の言葉であるということ、概ねは合ってましたけど・・・。同じような言葉探しで、「人間は・・・」という後に続く言葉にもう一つ「忘れる生き物」という言葉があります。これは「人間は忘れる能力がある」から生きていけるという言葉であると、どこかのサイトに書いてありました。「忘れない(記憶している)能力」ならわかるけど・・・「忘れる能力」というのは如何なものか、と思ってしまいましたが・・・普通は忘れてしまうということは欠点として扱われ、能力とは言わないと思いますけどね。でも全部覚えていたら、辛くて絶対に生きていけないんですけどね・・・。まぁこんな感じの展開から入りますが・・・。実は、今日、「なるほど!だから生きていけるのか!」という出来事が身近にあり、それを肌で感じましたので、書かせて頂きます。ウィークエンド・・・毎週恒例の行事ですが、例によって今日、母の面倒を見ていたのですが、何しろ片っ端から「忘れている・・・」。ひょっとすると朝食も2度食べているかな?日常のほとんどのことを忘れているので、会話をしていると毎回、結構腹が立つのですが、何しろみごとに忘れている!!カリカリきている小生に、家内は「そんなに怒っても仕方ない、ちゃんとわかるように説明してあげなくては」と気付かせてくれます。いつも「はっと我に帰り」家内の言葉、本当にありがたく思っています。でもなぁ確かにそうなんだけど・・・。そうなってしまっている母に対し、「こうなっちゃったけど・・・もっとちゃんとしなよ(してほしい)」と思ってしまうのは、やはり子供の性なのでしょうか。いずれにしても、小生が強い口調で言ってしまうことすら・・・母は直ぐに忘れてしまうので、ある意味助かっているのですが。考えてみれば、母は、父が亡くなってから、来る日も来る日も、毎日テレビを見て、買い物や散歩して、たまにデイサービスに行って・・・。これを一日一日、詳細に記憶していたら、とっくに頭がおかしくなっているのかもしれません。歳をとって「忘れる能力」があるということは、本当に幸せなのかもしれませんな。今日はたと気がつきました。このような状況ですが、恐らく母は、毎日が新鮮で、毎日を楽しんでいるのだと思います。気がつくと小生も近い将来、ピンピンコロリか、忘れる能力が備わって、わからなくなってしまうことを望んでいたのでした。