ミラノ ドゥオモ内部


本庶さん、ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。おめでとうございます。ガン治療に光明をもたらす免疫療法、まだ色々と条件があるようですが、期待が持てますね。小生も少し前から友達のドクターに勧められ「免疫力を高めること」に傾注していますが、最近はノニに加え、黒ニンニクまで手を染めています。NK細胞などのリンパ球、マクロファージなどを活性化させて、重篤な事態にならないよう、心掛けたいと思います。きっと本庶さんの免疫療法も・・・友のドクター曰く「スタンダードな治療」なのでしょう。これらにお世話にならないよう、まずは自身の免疫力を高めていきたいと思います。

さて、今日はミラノのドゥオモの内部に入ります。日本と違ってイタリアは芸術に寛容、フルオープン。この旅で撮影禁止の場所は、一つもありませんでした。日本の木材建築とは真逆の重厚な石造りの建造物の前に、ただ立ちつくしました。

 

長軸方向に撮りました。24mmでは狭くて天井まで入りませんでしたね・・・。

 

上部にはキリストの像があります。霧で見えませんでしたが、屋根の主尖塔のてっぺんには、マリア像が掲げられています。

 

司教さんでしょうか・・・この日もミサが行われていました。歴史とITとの融合といったところでしょうか。

 

フランス、ドイツ、イタリアの美意識を取り入れたといわれる、ミラノのドゥオモ。完成度の高いゴシック建築物なのだそうです。重厚な石造りに圧倒されます。

 

ステングラス・・・。

 

その他、印象的なスナップを数枚載せておきます。

今日はこのへんで・・・。

ミラノ ドゥオモ広場


ガッレリアを抜け、ドゥオモ広場に出ました。いきなり聳え立つミラノ大聖堂に圧倒されました。

 

1813年にナポレオン・ボナパルト(1世)がフランスの資金で建てた世界最大級のゴシック建築。

 

近くから上を見上げるとその大きさに更に驚きます。

 

このドゥオモには135本の尖塔があり尖塔の天辺にはひとつひとつに聖人が立っています。

 

こちらはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の銅像です。

 

広場の中心に聳え立っています。

 

鳩と戯れる家族。

 

次回はドゥオモの内部に入ります。

ヴィットリーオ・エマヌエーレ2世のガッレリア


年老いた母の徘徊騒ぎがあり、今日も大騒ぎでありました。まぁいいか・・・。今日はミラノ中心部へ足を運びます。きっと何処かで見たことがある、有名どころの風景ではありますが、ご覧下さい。

 

まずはミラノ・スカラ座であります。ステージを一目見ようと、チケット売り場まで行ったのですが・・・。丁度リハーサル中で見られないということで断念しました。外観だけのスナップです。歩いてる人がお洒落〜!

 

何の変哲も無い信号の角には、TRUSSARDIのショップがありました。

 

そしてヴィットリーオ・エマヌエーレ2世のガッレリアへ・・・・スカラ座側の入り口からドゥオモを臨む位置であります。

 

そしてGUCCIのショップ。

 

LouisVuittonのショップ。ここは敷居が高くて入れませんでした。冷やかし禁止だそうです。

 

ガッレリアの天井。

 

細かなところまで本物でありました。

 

TDL・・・似てますねぇ。

 

雄牛の睾丸をハイヒールでぐるりと一周踏みつける・・・。そうすると女性は幸せになれるそうです。たまにテレビで写りますね。

 

お洒落なカフェ。

 

そしてドゥオモへと繋がる出口へ・・・。

 

服飾・繊維産業の街、ミラノの入り口でありました・・・憎たらしいほどお洒落ですな・・・。

今日はこの辺で。

スフォルツェスコ城


台風一過、今日はまた暑くなりました。長袖のパジャマを着たり、それをしまって半袖を持ち出したり、日替わりで衣替えであります。今日は就寝予定の90分前に入浴することができました。90分前に一度浴槽で深部体温を上げて、体温が下がったところで床に入る。最初のノンレム睡眠を如何に深くするか・・・今日は期待が出来そうです。あまり興奮せず(交感神経を上げず)に・・・免疫力を高めていきましょう。副交感神経を高めるために、リラックス・・・今日は、昔FM東京のラジオから流れていた、ジェットストリームのようにミスター・ロンリーでもかけながら書いていきましょうか。

さて今日はスフォルツェスコ城です。

1300年代にヴィスコンティ家の僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティが建造した城です。気が遠くなるほど昔の話しですが・・・1800年代にナポレオンに一部破壊されるも、修復され今の姿が残っているということ。その歴史の重さに初っ端からガツンとやられた感じでありました。

 

正面玄関

 

こちらはあのイタリアの名車、アフファロメオのエンブレムのデザインに使用されているマークです。

 

城の前の巨大な噴水。殆ど人が居ない早朝からこの大量の水が噴き上げている・・・ムダよりも芸術性が勝るのか・・・なんていう国なんでしょうか。

 

城の内部・・・今は美術館になっています。

 

城壁の側面。遠近感がおかしくなるくらい壮大な建造物でした。

 

近辺の地図。じっくり見ましたが、その大きさがどれくらいなのか?全く想像できませんでした。

 

見学を終えて・・・人が殆どいない城壁の外を走る道路です。この先を進むと先程の噴水のロータリーに突き当たります。

さて、ここからミラノの中心街に入っていきます。

次はスカラ座やビットリオ・エマヌエーレ2世のガレッリアへ・・・。

今日はこの辺で。