味・・・


甲子園の夏の高校野球が始まりました。100回大会だそうです。野球の道具が進化し、体格も昔とは比較にならないほどガッチリとした高校球児たちですが・・・お盆の時期と重なるからでしょうか、何故か見るものにノスタルジックな想いが込み上げてきます。自分の青春時代と重ねて応援している人も多いのでしょうね。この大会はトーナメントなので、一度負けたら終わり。最後まで諦めない選手のプレーに釘付けになります。しかし見ていると毎年、本当に際どいプレーが多いですね・・・甲子園というのは、高校生が全力でプレーするためにあるようなサイズのような気がしてならないです。よく考えてみると・・・他のスポーツにはあり得ないことですが、球場によってグランドの大きさ(外野の両翼までの距離、フェンスの高さなど)が違うというのも何とも不思議なスポーツですよね。ラッキーゾーンを作ったり、無くしたり・・・。サッカーでいうとゴールの枠の大きさがフィールドによって違うくらいの出来事なのではないかと思います。よく色々な記録が成り立っているなぁと・・・まぁまた変なことを書きましたが、それはそれで、野球の’味’のひとつなのかもしれませんが・・・熱中症対策で数年後に甲子園から東京ドームに変わらないことを祈ります。それこそ高校野球の最大の’味’である「汗と泥」が無くなってしまいますもんね。まぁ今夜はこのへんで・・・。ではお休みなさい。また来週頑張りましょう!!

コメントを残す