楽しいひと時でありました


昔の友と会ってきました。彼らとの出合いは、スタンドバイミーと不揃いの林檎たちの間くらいの年齢かな?中学2年からの友であります。何年経っても違和感なくスッと会えて、毎回、酒が入ると新しい大脳皮質がやられ、当時の感覚が戻ってくる。今晩もそうでした。今日も盛り上がりました・・・何が変わらないかって・・・それは「笑のツボ」だと思いました。ヒトって成長し齢を重ねると色々と格好付けるようになりますが、芯の部分は変わらないのですヨ。如何に思春期を迎える前までの体験・経験が重要か良くわかりました。思えば小生も写真に手を染めたのはこの中2の時であります。年老いてボケて次第に子供にかえっていくと言いますが、酒を飲んで新しい大脳皮質がやられるのと同じ、きっと脳みそが萎縮すると同じような感覚になるのでしょうね。幸い小生のこの頃の思い出は良い思い出が多いので、ボケても楽しいのかもしれません。まぁボケてみないとわからないことですが・・・ボケたらわからないか・・・。因みに今日会った3人・・・不揃いの林檎達に例えると・・・ドクターが時任三郎、営業マンが柳沢慎吾、ここまでは雰囲気バッチリ、ソックリであります。ちょっと外れるのが、小生が中井貴一?それは格好良すぎでありますな。中井さんに失礼であります。ともあれ、あのドラマの脚本家、山田太一さんは天才ですね。世の中は皆、不揃い・・・まぁあのドラマの続編を今晩生で味わった・・・そんな素敵な一晩でありました。

コメントを残す