一眼レフ


一眼レフで撮る意味・・・。愚息のスマホの写真機能に驚きました。花を撮っていたのですが、労せずに、まるでRawから加工し現像したような絵が出てきました。良く見ると人工的ではありますが、あのスマホの小さいレンズを使いながら、ボケまで作り出していたのです。手軽にちょっと撮って、十分にキレイで、速攻で友だちにシェアして・・・スマホ・・・こんな便利なものはありません。そう思いました。写真がそのようにメジャーなコミュニケーションの主役としてやりとりされることは、写真好きの小生にとっては、とても嬉しく思い、歓迎すべきことであります。スマホが超便利になった、このような時代になっても、一眼レフを持ち出すのか・・・答えはイエスでしょうね。理由は今度ゆっくりと述べますが・・・。デジカメ一眼レフも相当な進化をしてきました。でも一眼レフというメカニカルな部分を残しつつ、進化してきたわけでありまして、この大部分が無くなったミラーレスは、今のところ全く興味がないという思いなのであります。(今のところですけどね・・・)。この時代、あらゆる機器からメカの部分が相当減ってきています。小生は、趣味である写真の世界は、このメカの部分(ロマン)を失いたくない・・・そんな自己満足の塊&悪あがきからくるものだと思っています・・・。