これで良かったのか・・・


少し前のニュースですが、「日大フェニックスの悪質な反則による問題」。今年度の秋のシーズン終了まで公式試合の出場停止が決まったようです。繰り返した日大の対応の悪さ、根っこの考え方の問題などが響いたようですね。改善が見られず、出場停止が仕方ないといえばそれまでですが、本当に後味の悪い出来事になってしまいました。日大フェニックスはもう蘇ることはできないかもしれません。この出場停止の決定に至っては、理事20名のうち17名が「認めない」と言ったそうです・・・。この理事達はライバル校の代表から選出されているのでしょうが、「極めて公平な立場のもと投票がなされた」ものと信じたいものであります。主犯である当事者の監督、コーチの資格を剥奪し、新しい監督も選出され、それなりの改善計画は立案され第三者委員会なり、理事会なり、は、プレゼンテーションを受けたものと思っています。果たして何が改善されていなかったことで出場停止となったのか、興味があるところであります。全試合不戦敗、入れ替え戦も不戦敗となるのでしょう。来年はリーグ格下げとなってのスタートになりますか・・・。今年最後の年の4年生は、一生このことを引きずって生きていくのでしょうね。選手には罪がない、というようなコメントもメディアで語られていましたが、結局は、選手達が更なる苦しみを味わうことになったわけです。これで良かったのか・・・もっと深く考える必要があると、私は思います。

台風12号


台風の中、伊豆へ行ってきました。高潮でホテルニューアカオのガラスが割れ大惨事でありました。この写真は、翌日早朝の伊東の少し先にある河津浜の絵であります。台風が過ぎ去った後の道路には流木が打ち上げられ、凄じい光景が広がっていました。何事もなく無事帰ってこれて良かったです。最近は派手目な写真より、暗めで階調が強調されるような写真に心魅かれます。鮮やかなだけが写真ではない・・・ここにきてちょっと作風が変わってきたかな・・・。またフルサイズに戻りたくなった、そんな一枚であります。

台風関東に直撃か・・・


台風12号(ジョンダリ:ひばり)が日本に向かっています。この週末は関東に直撃の恐れがあるそうです。この週末は久々に家族で伊豆方面へ行こうと思っていたのですが、台風と真っ向勝負になりそうであります。家族4人と犬2匹・・・どうなる事やら。この台風で隅田川の花火も開催が危ぶまれているようです。今のところ真南からやや左にシュートして関東を直撃する珍しい針路のようですが、状況によっては蛇行の可能性もあるとのこと、何といっても日本付近の海水温が高いので、勢力を保ったまま上陸してくるという恐ろしさ・・・。低い気圧で来るので、海面、川の水面は圧力が掛からず引き上がります。しかもこの28日(土)、29日(日)は大潮。高潮には十分な警戒が必要であります。何だか梅雨があけて、セミもまともに鳴かないうちに、連日30℃を超え、40℃に・・・そして8月に入る前に、蛇行するかもしれない珍しい進路で上陸して来る台風が来る。何だか夏が1ヶ月前倒しで過ぎ去ろうとしているようですね。そのうち四季が無くなり二季となり・・・いや異常気象が進み、日本も雨期と乾期になるかもしれない。雨期は熱帯のような気候、そして乾期は積雪は少ないが極端に寒いツンドラ気候のような土地に・・・。あれ?南国の雨期、乾期とは時期が逆だなぁ・・・何だか住みにくくなりそうな嫌な予感がしますなぁ。

それでいいのだ


1年以上、間が空きましたかね、以前は色々とコメントを書いていたのですが、久々にnikon機種の価格.comのクチコミを見てみました。少し前のnikonファンは、好調なcanon機を横目で見ながら、追いつけ追い越せと、お互い機種は違えど、同じnikon機の良いところを確認、認めつつ、励まし合っていた書き込みが殆どでした。しかし今は、スレッドが荒れ放題、最近ではnikon機が人気があるせいか、このサイトの書込みは、見るも無残、同じnikon機種同士で、性能について、足の引っ張り合い、上げ足の取り合い・・・。読むに耐えられないものでありました。どうして少し人気が出始めると、このような訳のわからないことを書き込む輩が出て来るのでしょうか?ここぞとばかり、自分の機種が一番だと言わんばかりの言いっぷり、なんだか薄っぺらで情けないものを感じました。デジタルものは日進月歩ですので、後発が少し優れている機能を搭載するのは当たり前のこと。その優れた機種を手に入れた一部の心の狭い?方が他の機種を見下してくる。言葉遣いまで攻撃的に・・・。そんな構図であります。全く情けない。どこの世界も少なからずあるのかもしれませんが、カメラの世界は、ホントに歪んだ世界であります。この世の中に万能な機種はなし・・・出会えた機種の長所短所を理解しつつ、上手に付き合っていく(付き合ってもらう)、それで良いのではないかと思います。どうしても満足出来なければ、心の中でお礼を言いつつ、黙って次の機種へ行く・・・それでイイのだ〜。と小生は思うのでした。

大暑


「大暑」二十四節気のひとつ、一年のうちで最も暑い時が今日7月23日なんだそうです。夏至と何が違うのか・・・夏至は一年で最も昼が長い日、それよりも後に来るのが小暑、そして大暑となるのだそうです。あーどうでもいい、暑くて考えるのが面倒臭くなってきた。というわけで話を変えて、今日は、熊谷市で今日、日本最高気温41.1℃を観測したとか。日々蓄積された熱とフェーン現象が重なったことで、ここまで気温が上がったそうですが・・・あー、もうどうでもいい。暑くてたまらん。気象庁も言っておりますが、この連日の暑さ、もはや「災害」レベルであります。災害には、きちんと対策を打たねばですね・・・とりあえず、今晩もクーラー付けて寝よっと。

猛暑続く


猛暑が続きますね。毎日、この暑さで人が亡くなっています。こりゃ異常ですな。最高気温が40度の地域があるとか聞きますが、びっくり、昔はこんなに暑くなかったのですよね。夏休みなのにプールに入れない日などもあったように記憶しています。まぁこのような冷夏の年は置いといて、30度を越える日は当たり前のようにあったような気もします。昔は、熱中症などという言葉はなく、熱射病という言葉で片付けていましたよね。大学時代は、日中7時間練習して、その後、アフターで2時間くらいシゴかれて・・・と。延々グランドに居た思い出があります。たまに熱射病で倒れる仲間も居たのですが、足などが痙攣して初めて木陰で休める、といった感じでありました。今考えると恐ろしい時代でありました。さらにもっと昔の高校時代は、「水はバテるから飲むな」と言われ、滅茶苦茶でありました。つい30年から40年前の昭和時代の出来事です。今日まで、これらの考え方を改め、日本は進歩してきていますが・・・。逆にがんじがらめになってしまって、少し生きづらくなってきているのかもしれません。

ようやく


今日は酔っ払って帰ってきました。ようやく仕事で結果が出始めた・・・今日はそんな一日でありました。何しろ良かったなぁ。仕事が順調に行き始めると、今まで封印していた色々なことがやりたくなってくるものであります。この週末、久々にカメラを持ち出してみようかな・・・。ちょっとそんな気分であります。あー何しろ良かった。

ようやく・・・かな?


投稿が復活したかと思いきや・・・なかなか続かないですね。以前毎日書いていたルーティーンの感覚が戻ってきません。さて、今日「健康で文化的な最低限度の生活」というドラマをビデオで見ました。東区役所に勤め始めた新人ケースワーカーの物語です。ここの勤め先の区役所、ロケで使われている場所は、神奈川県の大和市役所であります。そう地元の役所がロケ地となっていて、見覚えのある建物内が映り、何だかこのドラマ、身近に感じました。役所の仕事はヒマそうな先入観がありましたが、このドラマを見て、少し見る目が変わりましたヨ。そういえば、ようやくドラマが見られる時間ができた?感じなのかな?明日も仕事、頑張りましょう!!

戻ってきた・・・かな?


久々にマクロレンズを持ち出して家撮りしました。以前、58mmf1.4を手放しましたが、60mmf2.8mm microは残しておいて良かったです。画像が大きすぎて当倍では載せられませんでしたが、当倍で見ると鳥肌が立ちます。単焦点の解像度の凄まじさ・・・久びさに感動しました。左目の周りの毛、埃、そして瞳に映るシーリングライトまでも鮮明に写り込んでます。勿論、テンちゃんの愛くるしい表情も○ですね〜。ここ半年、ストレス発散にジム通い、そしてたまにゴルフの練習と、ずーっと身体を動かしてきましたが、やっぱり写真もいいなぁ。戻ってくるもんだなぁ。と、老後の活動の方向性・・・また見えた気がしたのでありました。