タイミングを外すな!!


心配なので、また書きます・・・。広島に投下されたウラン型の原子爆弾のリトルボーイの威力は15キロトン。今回、北が実験した水爆は120キロトン。リトルボーイの8倍の威力だったと言われています。リトルボーイは半径2.5Kmに壊滅的な被害を及ぼした・・・つまり19.6キロ平方メートルの面積が全滅だったということです。この8倍・・・157キロ平方メートル、つまり半径約7Kmの範囲に壊滅的な被害を及ぼす(あってるかなぁ)というシロモノです。半径7kmというのは、ちょっとピンときませんが、山の手線の横の直径「新宿-東京駅間」が約10Kmだそうで(結構狭い)、軽く山の手線の内側を全滅させられる威力を持っています。以前、「近年ミサイルに搭載される核弾頭は威力含めコンパクトになってきている」と書きましたが、北はその真逆の威力の大きい核弾頭を開発していたのでした。つまり・・・「ミサイルの着弾点の精度が低くても、破壊の威力が大きければ、脅威も大きい」ということです。これは日本にとって相当脅威であります。ICBMで打たなくても、射程距離が1300Kmくらいの「ノドン」で十分に日本に届くわけです。ノドンに、この水爆核弾頭を積めば、日本全土をターゲットにした水爆ミサイルが即出来上がるわけです。北がまだ完成できていない技術は、「大気圏に再突入した際に摩擦熱から中身の核爆弾を守る頑丈な核弾頭」だと言われています。つまり大気圏に再突入する必要があるICBMはまだ完成していないと言えますが、ノドンは恐らく大気圏を超えることなく飛んでくるミサイルで・・・垂直に近い打ち上げ(ロフテッド軌道)ではなく、大気圏を超えるくらいの高い高度では打ち上げずに、角度を抑えて遠くに飛ばす軌道(ミニマムエナジー軌道)で飛んでくるわけです。つまり、日本に水爆ミサイルを飛ばすには、今実現できている範囲の技術で実現できてしまうというわけです。このあたりが、アメリカと日本の微妙な危機感の温度差なのかもしれません。このまま北を核保有国、核兵器保有国と認めてしまうと・・・彼は、叔父、兄を殺した男です。やはりとんでもないことをしでかすと思います。自国の経済を上向かせるために手段は選ばず、本当に韓国、日本は侵略されるかもしれません。認めた途端、とことん、つけ上がる男でしょうかね。本気で貿易に圧力をかけるか・・・短期間で事を仕掛けるか・・・。本当に今までのやり方が効果なく、まずかったのであれば、選択肢は後者しかないかもしれません。抜き差しならぬ状況になる前に、判断のタイミングを誤らないで頂きたい。ホント、取り返しのつかないことになる前に・・・。

コメントを残す