話しついでに


関東は8月に入り、15日連続で雨。観測史上初めてのことらしいですね。さて昨日はくだらないロボットの話しを書きましたが、くだらない話しついでに・・・突き詰めていくと人間のやる仕事は全てロボットに置き換わってしまうのではないか!?と思ってしまうのでした。AIが本格的に進化していけば、人の気持ちの揺らぎとか、忖度に至るまで、自らが判断して働くというロボットが出現するのも夢ではない気がします。あーまさしく「鉄腕アトム」ですね。身体に原子炉まで内臓されていて、10万馬力のパワーで感情も持っている。一家に一台?このクラスのロボットがいたら、彼らに働いてもらうようになってしまうのかな?ロボットが働いてお金を持って来て、人間はみんなお金を使う側?つまりお客さん?どんなに嫌なお客さんでも「客さん(人間様)は神様」だし、ロボットは逆らわずに最高のサービス、最高のおもてなしを提供してくれる。まぁ極端ですが、こんな構図が見えて来ます。ん?まてよ・・・どこかで聞いたフレーズ。「顧客満足第一、期待を超えた感動を!、極上のサービス、お・も・て・な・し・・・」製品の優位性が無くなり、他に差別化をはかるための施策の文言は、全てお客様満足(CS)、サービスに対する言葉。まるで今の日本社会。今の世の中、ロボットの姿はまだあまり表に出て来ていませんが、サービスする側の人間は、ロボットのように正確、迅速に対応し、そしてどんなに嫌なお客様に対しても笑顔を忘れず、常にお客様を慮り、最高のサービスを提供しようとする(少なくとも、そのように企業で教育される)。そう・・企業は「デジタルに!!ロボットに近づけ!!」とマニュアル通りの教育をしているのですね。マニュアルさえできてしまえば、実はロボットに置き換えるのは、然程大変なことではないと思います。働く人が全てロボットとなったら、働くロボット達にストレスは無いのでしょうか?また、お客さん側になる「人間」のストレスは一体どうなるのでしょうか?きっとロボットが突然変異で進化して・・・映画のA.I.(エー・アイ)やターミネーターみたいになっちゃうんだろうな。我々は、一体どこに向かっているのでしょうか。

コメントを残す