方向性を変えて・・・


しかし・・・北のKさんは、本当に頭が逝っちゃっているのではないかと思っちゃいます。といいますか・・・北は負のスパイラルに陥っているといった感じですかね。自分で首を締めはじめたということでしょうかね。結局、他国から北との貿易を止められることになってしまったということです。まさに「窮鼠猫を嚙む」に近づきつつあるといった感じでしょうか。第二次世界大戦が、資源戦争であったとも言われていますが、日本もかつては、資源の輸入を止められ、危機的状況を打開すべく侵略を始めていったわけであります。今、北V.S米という構図がクローズアップされていますが、鍵をに握るのはやはり中国ですかね。何れにしても厳しい方向に向かうとおもわれます。仮に中国が本気で北との貿易を止めれば、「鼠を追い詰めることになる」し、裏で北と貿易を続ければ、北は「核・ミサイル開発をやめない」・・・この場合、この先にあるのは「北を核保有国として認める」ということになるのでしょうか。Kさんにこのような力を与えるのはどうなんでしょうねぇ。いまの勢いからすると、これは危ない気がしますね。ではどうなるか・・・やはり追い詰める方向ですかね・・・。追い詰められた挙句、グアムにミサイルが飛び・・・今度こそ、大変なことになりそうな、嫌な予感がしています。あの綺麗なグアムにミサイルを飛ばすなんて・・・あり得ない。話しは変わりますが、実は我が娘も頭が逝っちゃってます。ドラマ「過保護のカホコ」の麦野初くんに・・・。今、多くの若い娘が、彼に「キュン死」しているそうですな。何やら、今は「壁ドン」ではなく「ドアバン」なんだそうです。娘に何度もこの「ドアバン」のシーンを見させられ、家内と小生もすっかりハマり、麦野くんを応援したくなってしまったのでした。「頭が逝っちゃう」というのは、所謂、何かに夢中になるという言葉なんだと思いますが・・・。Kさんもひとつ、日本の面白いドラマでも見て、夢中になる方向性を変えてもらえませんかね。