戦争はいかんぜよ


今日は午後から雨が降るという天気予報でした。午前中銀行の用事を済ませ、午後は何か撮りに行こうかと・・・。しかし雲行きが怪しく、多少雨が降っても影響のなさそうなところを探して・・・「そうだ韓国との演習終わったから帰ってくるかな?」と思い、自宅から30分ほどで着く厚木基地へ行ってきました。案の定、途中雷雨に会いましたが、何とか撮って来れました。2時間ほど居ましたが、戦闘機の離発着は数回で、皆F-18ホーネット(複座のやつもそうかな・・・)でした。ホークアイも飛び立って行きましたが・・・(何処に行くのだろう)。機能美を目的として鑑賞するには、F1以上の迫力があり、鳥肌が立つのですが・・・。戦争に使われる道具として見ると気が重くなります。実は、ある目的で、昨日、昭和29年に作られた「二十四の瞳」のDVDを借りて見たのですが・・・号泣モノでした。いや泣けますよあれは・・・。白黒で雨が降っているような画質なのですが、白黒ゆえに余計な情報が入って来ないというか、本を読んでいるような・・・純粋に心にストーリーが入ってきて、めっちゃ「重い」。・・・やっぱり戦争はいかんぜよ。本当にいかん!!泣きたい方「二十四の瞳」お薦め致します。